日テレ10月深夜ドラマ枠を巡る「ジャニーズ事務所の内紛」をキャッチ!

出典 : http://www.shutterstock.com

出典 : http://www.shutterstock.com

アイドルグループ『Kis-My-Ft2』の玉森裕太(25)が、この10月よりスタートする『青春探偵ハルヤ』(日本テレビ系)の主演に抜擢された。

同ドラマは福田栄一氏のベストセラー小説『エンド・クレジットに最適な夏』(東京創元社)を原作にした1話完結の探偵ドラマ。実は、いまこのドラマが違った視点から芸能界の注目を集めているのだ。

「ジャニーズの内紛ですよ」

と証言するのは某制作会社プロデューサー。

ジャニーズ事務所といえば、ジャニー喜多川社長の姪で副社長を務める藤島ジュリー景子氏を中心とする“J派(通称・J1)”とSMAPを育てあげた敏腕女性マネジャーの飯島三智女史の“I派(通称・J2)”が熾烈な権力争いを繰り広げていることで有名だ。

「“J1”には嵐、TOKIO、V6、関ジャニ∞、KAT-TUN、NEWSなど。“J2”はSMAPのほか、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、山下智久らが名を連ねている。ちなみに、日テレのゴールデン&プライム帯をJ派が占める中、深夜帯ながらも今回のドラマ『青春探偵ハルヤ』は飯島氏が必死に開拓してきたドラマ枠なんです。物凄い妨害工作に遭いながらも、何とか玉森主演のドラマを勝ち取ってきた。既に日テレ局内で、このドラマ枠は通称“飯島物件”と呼ばれアンタッチャブルな雰囲気になっています」(日テレ関係者)