夢の寝台列車だった「カシオペア」と「北斗星」のいま

hokutosei

JR東日本の豪華寝台列車『カシオペア』が、6月4日から復活する。

カシオペアは上野―札幌間の臨時特急として1999年7月にデビューした。その後、北海道新幹線開業の影響で今年3月いったん引退したものの、今後は旅行代理店が企画する団体列車として運転される。1泊2日の『カシオペア紀行』と、3泊4日(1泊は北海道内のホテル)の『カシオペアクルーズ』の2コースが設定された。