清原和博が更生のために「アウトロー人脈」の人間と地元大阪入り

kiyohara_kazuhiro覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博(48)に、東京地裁は懲役2年6カ月、執行猶予4年(求刑懲役2年6カ月)の有罪判決を言い渡した。

大方の予想通り執行猶予付きの判決となり、清原は地元大阪に帰って治療に専念するという。だが、その一方でいまだに薬物関係の噂がある“アウトロー人脈”と関係を断ち切ることができず、果たして本当に更生するつもりがあるのか、疑問視されている。