明石家さんまと上沼恵美子が過去の因縁で口論して凍り付いた「さんまのまんま」放送現場

口論,TV番組

(C)shutterstock

先日、『さんまのまんま大阪から生放送SP2016』(関西テレビ)で、明石家さんま(60)と上沼恵美子(61)が過去の因縁について再び口論となり、話題となった。

事の発端は『週刊文春』の記事。内容は22年前に『さんまのまんま』で共演した際に、上沼がさんまの言動に気を悪くして不仲になり、さらにさんまが上沼を「オバハン」呼ばわりして、二度と共演しないと発言していたというものだ。