日本の農業現場の外国人不法就労者が3年で3倍に急増

(C)pixta

(C)pixta

日本の農業現場は超高齢化し、若い担い手が不足して久しい。そこで労働力不足解消と途上国支援を兼ねて『外国人技能実習制度』などが制定された。

農水省の推計では、2014年度時点で2万4000人の技能実習生が農業に従事している。