福山雅治の電撃結婚…まだまだ波紋を呼びそうな芸能マスコミとのビミョウな関係

hukuyamamasaharu

(C)まいじつ

福山雅治(46)が9月28日、ついに女優の吹石一恵(33)と結婚した。

この電撃発表には、世の女性たちが悲鳴を上げ、翌29日には、菅義偉官房長官の「この結婚を機に、ママさんたちが“一緒に子供を産みたい”という形で国家に貢献してくれれば良いなあと思う」とのコメントが失言としてバッシングを呼び、福山が所属する東証一部の芸能プロダクション『アミューズ』は株価の大幅下落に襲われた。

前日比440円安の4870円。8.29%の大幅下落で、この日の東京市場は1月16日以来、8カ月ぶりに終値で1万7000円台を割り込む全面安だったとはいえ、福山の結婚による影響は少なからずあったとみられている。

既に、6月の株主総会では、実際に株主から「福山が結婚したら株価が下がるのでは?」との質問も上がっていた。

“電撃”といわれているものの、そもそも2012年1月に発売された写真誌『FRIDAY』が、吹石がペットのウサギを連れて、福山の自宅マンションを訪れる様子をキャッチ、レポートしていた。しかし、同誌が「福山雅治・吹石一恵『超厳戒忍び愛』の一部始終を撮ったぁ!」と銘打ったこの報道も、ほどなくして都市伝説として風化されかけていた。