100年前の下水道管から発掘された「ハイブリットエイリアン」の遺骨

alien's_skull

エイリアンの頭蓋骨としか思えない、奇妙な形状の頭蓋骨がUFOマニアの間で話題になっている。

2007年に、デンマーク・コペンハーゲンにあるシェラン島で、人類の標準よりも体積が50%ほど大きく、巨大な眼窩、長く伸びた犬歯の頭蓋骨が発掘された。作業員が精肉店の建物の下に埋まっていた100年前の下水道管を掘り起こしたときに見つかったのだという。