AKB高橋みなみ、年末卒業後の「電撃婚&次期衆院選出馬」説

takahashiminami

(C)まいじつ

「高橋は今年12月にAKBを卒業し、総監督も辞めます。サプライズ商法で生きてきたグループのトップだけに、大きな爆弾ネタをかましてくることは間違いない」(AKB関係者)

AKB48グループ総監督の高橋みなみ(24)が、12月の卒業後にビッグニュースを仕掛けてきそうだ。

その一つが、歌手の西川貴教(45)との電撃婚だ。2011年にテレビで共演して急接近した2人は、ブログでツーショットを公開したり、ラジオ番組で「売れ残ってダメとなったら、結婚しよう」と“極秘婚約”を暴露したことがある間柄なのだ。

「ラジオ発言直後、双方は熱愛関係を否定しましたが、そもそも“恋愛禁止”とされるAKBメンバーが交際を認めるわけがない。実際は、親密すぎる仲を続けてきたようです」(同)

その“状況証拠”がある。AKBは9月20日、西川が立ち上げたイベント『イナズマロックフェス2015』に出演。その際、高橋はツイッターで西川との密着ツーショットをアップし、熱愛をアピールしたのだ。

「2人は上半身を露出した、ボンデージ風の黒いペアルックで写真に収まっていました。衝撃的だったのは、高橋の肩に西川が、抱くように右腕をかけて密着していたこと。電撃婚を発表する布石ではないかと囁かれています」(アイドルライター)