都知事選に落選した増田氏の「高齢者は東京を目指す」という予言が現実に

高齢者

(C)PIXTA

東京都知事選に立候補した増田寛也元総務相が座長を務めていた、『日本創成会議』(民間団体)は、東京圏の75歳以上の高齢者が今後10年間で175万人増え、医療、介護に必要な人材が80~90万人必要になると指摘している。

施設や人材に余裕があり、サービス費用も安価な地方への高齢者移住を推進するよう提言し、「姥捨て山をつくるのか」や「強制移住」という批判を受けて、物議を醸したことがある。