環境が劣悪な選手村に入ってしまった錦織圭を襲う「コンディション不良」

nishikori_kei

リオデジャネイロ五輪で日本に初めて金メダルをもたらしたのは、競泳男子400m個人メドレーの萩野公介(22=東洋大)だった。

日本オリンピック委員会(JOC)は、リオデジャネイロ五輪での金メダル獲得の目標を14個としており、海外メディアも38個のメダル獲得を予想している。

しかし、そのうちの1個を予想されているプロテニスプレーヤーの錦織圭(26)が“窮地”に立たされている。