「第2の夕張」になりかけた熱海が宿泊者数V字回復で復活

熱海

(C)PIXTA

1200年以上の歴史を持ち、“日本三大温泉”の一つにも数えられている静岡県の熱海。湯量も豊富で、海の幸、山の幸がふんだんにあり、東京駅から東海道新幹線『こだま』でわずか45分と首都圏からも近い。

そんな熱海だが、ちょうど21世紀を迎える2000年前後からは、廃墟化した大型ホテルの姿がテレビや雑誌などに数多く登場したことで、衰退した温泉地という悪印象が付きまとうようになった。しかし、差言い金になってそういった状況が変わりつつある。