伴わなかった結果と試合内容にハリルホジッチ監督への不安が消えないJFA

サッカー

(C)PIXTA

サッカーワールドカップ(W杯)の2018年ロシア大会アジア最終予選で、日本代表が9月6日にタイとアウェーで対戦し、最終予選初勝利を挙げた。

しかし、日本サッカー協会(JFA)は監督のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)に対する不安を拭い切れていないという。