日本列島を喰い尽くす!「外来スズメバチ」の驚くべき生態が判明

出典:https://pixta.jp

出典:https://pixta.jp

被害が日本列島全体に拡大するかもしれない。

凶暴で、狙いをつけた獲物を執拗に追い回す外来スズメバチの『ツマアカスズメバチ』。中国原産の外来スズメバチの被害に日本の養蜂家が苦しんでいる。

一昨年に韓国から貨物船などで対馬に入り込み、すでに九州地方で確認されているという。ツマアカスズメバチの外来種としての最大の脅威は、その生息圏を拡大するスピードにある。

ジャーナリストの窪田順生氏が言う。

「中国人や韓国人の観光客が増えているにもかかわらず、日本は島国のせいか、陸続きのヨーロッパと違って検疫が甘い。

スズメバチは日本の固有種でさえ獰猛なのに、中国産はさらに獰猛。この不安は、実は韓流ブームが起きた頃から指摘されていたのですが、今回のように現実のものとなってから騒ぎ出す。だから対策も後手後手に回ってしまうのです」

今、このツマアカスズメバチによる被害が世界規模で進行している。

ヨーロッパでは2005年頃にフランス南西部のみで確認される程度だったが、2010年にはすでにフランス南部・西部を超え、スペイン北部にまで進出した。さらにその2年後(2012年)には、ポルトガル、ベルギー、ドイツでも確認されたのだ。