ファンだけではなく相撲関係者も全員期待している稀勢の里の綱取り

kisenosato

9月11日から、大相撲秋場所が東京の両国国技館で始まった。

相撲ファンの熱い視線を一身に集めているのが、3場所連続して綱取りに挑んでいる、大関の稀勢の里(30)だ。日本出身横綱が不在になって13年半になる。新しい和製横綱を見たいという願いが、稀勢の里に集中している。まさにここが正念場だ。