いまや身だしなみ?最近巷で増える「ネイル男子」と「ネイル紳士」

出典:https://pixta.jp

出典:https://pixta.jp

「オシャレは指先から」

昨今、女性のたしなみと言っても過言ではないほど一般に浸透しているネイルアート。

私も3~4週間に1度の頻度でサロンに通うが、最近いつものサロンで2回続けて男性客と顔を合わせた。

これまでネイルサロンで会う男性といえば、数少ない男性ネイリストだけ。都内にチェーン展開している1つのサロンに決めてからここ数年は、女性スタッフしかいない空間が当たり前になっていたため、サロンに男性がいるだけで違和感を覚えた。

1度目は、20代後半から30代前半の若手会社員風の男性が私服で訪れていた。2度目は、優に還暦は迎えているとみられる白髪の老紳士。

今年に入って、じわじわと「ネイル男子」が増加してきている情報は耳にしている。

そもそも、15年ほど前、女性の間で浸透し始めた頃は、男性にもアピールするサロンもあったが、ネイルアートではなく、営業職や接客業など人前で手を見せることが多い人に対して、指先や爪を清潔に保つネイルケアでしかなかった。

オシャレではなく、あくまでも清潔感。

しかし、最近では、ガーリーなデザインを避けた、幾何学模様など男性向けのアートも積極的に展開する店舗も増えている。