【感動実話にグッとくる…】バスの運転手・乗客の思いやりエピソード6選

 

(C)Shutterstock

9月20日は『バスの日』。

1903年9月20日、京都の堀川中立売(なかたちうり)から七条駅、堀川中立売から祗園間で乗り合い自動車の運行が始まった。

諸説あるものの、これが日本のバス事業の始まりと言われている。

そんな100年以上の歴史をもつバスは、自動車・電車・飛行機同様、いまや日常生活に無くてはならない交通手段のひとつである。

 

今日はそんな“バス”で起こった心温まるエピソードを紹介しよう。