エンタメ

酉年の「トリ」にちなんだ鉄道旅行のすすめ

酉年の今年は、“トリ”にちなんだ鉄道の旅が流行しているという。 「もともと新幹線や特急には、スピードをイメージさせる鳥の名前が使われることが多いのです。鳥の名前の付いた列車にたくさん乗る“トリ三昧旅行”を楽しむマニアもいます」(鉄道ライター) 鳥にちなんだ列車名は現在、新幹線の『はやぶさ』(北海道・東北)、『つばさ』(…

つづきを見る

スピード勝負!JR「ドラゴンボールスタンプラリー」の攻略法

JR東日本が展開する『そうさ今こそ!DRAGON BALLスタンプラリー』がファンの垂涎の的になっているという。東京の山手線エリアを中心とした全65駅をコンプリートすると、7つのピンバッジ式のドラゴンボールが獲得できる。 JR東日本は一昨年から、冬の閑散期に大人向けのスタンプラリーを開催している。2015年と2016年…

つづきを見る

SNSで拡散した「悪魔の写真」の正体は?

新年早々、不気味な“悪魔の写真”が世界のオカルトマニアの間で話題になり、SNSで拡散されている。 アメリカのどこかで、霧深いときに撮影されたとされる画像には、デビルマンのようなシルエットが写っている。巨大な人型で両腕には翼が生えているようだ。まさに悪魔の姿を思わせる。 画像を投稿したのはアリゾナ州在住のリチャード・クリ…

つづきを見る

佐々木蔵之介と横山裕の関西弁が小気味いいアウトロー映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『破門 ふたりのヤクビョーガミ』 松竹配給/1月28日より新宿ピカデリーほかで公開 監督/小林聖太郎 出演/佐々木蔵之介、横山裕、北川景子、橋本マナミほか 個人的に、黒川博行の関西テイストのアウトロー小説は大ファンなので、その映画化ともなれば見逃せない。昨年の『後妻業の女』も評論家筋の評判…

つづきを見る

実在の人物を演じるニコール・キッドマンの「アラビアンロマン」映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『アラビアの女王 愛と宿命の日々』 GAGA配給/1月21日より丸の内TOEIほかで公開 監督/ヴェルナー・ヘルツォーク 出演/ニコール・キッドマンほか 世界映画ベストテンなんてやると、大体10位以内、悪くても20位以内に入るといわれる天下の名作『アラビアのロレンス』(1962年)。20世…

つづきを見る

2017年10月に地球に衝突するという「惑星X」

2017年10月に地球が消滅するという、恐ろしい情報が浮上した。『惑星X』、またの名を『ニビル』が地球に衝突するというのだ。 ニビルは地球の5倍の大きさがあり、約3600年周期で公転しているのではないかと仮定されている、太陽系の惑星だ。アメリカの学者ロバート・ハリントン博士が木星、海王星、冥王星の軌道が計算とずれている…

つづきを見る

NHK大河ドラマの主人公「井伊直虎」はどんな人物?

今年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)が1月8日から放送開始する。主人公の井伊直虎は、幕末の大老で歴史的事件“桜田門外の変”にて命を落とした井伊直弼の先祖であり、戦国時代の動乱のなかで波乱万丈な人生を送った。本編開始を前に、概要やキャスティングをしっかり予習してから、より深く今年の大河を味わおう。 まず、名前か…

つづきを見る

東京五輪へ向けて急激に変わりつつある東京の街並みと駅舎

2020年に開催される東京五輪とパラリンピックまで、残り約3年半。それに向けて徐々に東京の街が変わりつつある。そのなかでも目に見えて分かるのは、都心部の駅だろう。 今年4月には新宿駅南口に高速バスのターミナル『バスタ新宿』がオープン。渋谷駅でもJR埼京線と東京メトロ銀座線のホーム移設工事が進められている。さらに東京駅で…

つづきを見る

古代生物「オルガズム46-B」がロシアによって生物兵器に!?

南極大陸の海底に14本足の“巨大殺人ダコ”がいるという。体長10mほどで、何にでも変身し、人間を催眠術で操り、50m先から人間を麻痺させる毒を吐く悪魔のタコだ。それを、ロシアのプーチン大統領が生体兵器として利用しようとしているというのだ。 ロシアの北極南極科学調査研究所の探検隊の一員だったアントン・パダルカ博士は、南極…

つづきを見る

流行は繰り返す?アラサー懐かしのヘアスタイルが形を変えて再流行

近年、1980年代に流行した膝丈のデニムスカートやMA-1、コーデュロイなどが2016年の現在、形を少し変えて流行している。 「どこかで見たことがある」「昔持っていたことがあるような気がする」というアラサーやアラフォーは多いだろう。 ではヘアスタイルはどうだろうか。   ◼︎1980年代爆発的に流行したヘアスタイルをリ…

つづきを見る