芸能

死ぬまで「松田聖子」!31年ぶり新曲引っさげ芸能界と“寝る”商い魂

松田聖子(53)の新曲を、松本隆&ユーミンこと松任谷由実の作詞・作曲タッグが31年ぶりに手掛け、話題になっている。 「10月28日に、聖子のデビュー35周年記念曲として発売されるもので、タイトルは『永遠のもっと果てまで』。米映画『PAN~ネバーランド、夢のはじまり』(10月31日公開)の日本語吹き替え版主題歌にも使われ…

つづきを見る

NHK紅白出場一番乗りは…50歳で50枚目シングルを発売した中森明菜!?

歌姫・中森明菜(50)が今年の紅白に生出演する期待が高まってきた。明菜は、昨年大晦日の『第65回紅白歌合戦』に12年ぶりに登場。大きな話題となった。 「通常紅白の出場者は、10月末から事務所への交渉状況が伝わり、11月下旬に発表される。しかし、昨年の明菜の場合は出ると分かったのは、12月28日のこと。その遅さから、交渉…

つづきを見る

北川景子、武井咲ポスター“丸かぶり”はセイコー・シチズンの「してやったり」!?

東京オリンピックのエンブレムではないが、日本を代表する時計の2大メーカーの腕時計の広告ポスターが酷似していると巷で話題なっている。それもそのはず、モデルとなっているのが片や北川景子(29)、片や武井咲(21)の2人だからだ。 「北川はシチズン、武井はセイコーの時計メーカーと、共に2012年から契約を結んでいます。この2…

つづきを見る

りえママ店じまい! 人気番組『ヨルタモリ』終了の“なぜ”?

『ヨルタモリ』(フジテレビ系)が、9月20日の放送をもって終了した。日曜の夜11時台に安定して10%を超える視聴率をマークしているにもかかわらずだ。 「視聴率低迷に苦しむフジにあって、唯一といってもいいヒット番組。開始から1年が経ち、むしろファンが拡大していた中でのことですから、この終了は異例というべき事態でしょう」(…

つづきを見る

二級酒チビチビ手酌、つまみロケ弁… 倹約家・中居正広に貯金50億円突破説

この9月、週刊女性が『SMAP』中居正広(43)の喫煙を報じた。本来、禁煙のはずなのに、やめていないというものだ。 同誌によると中居は、去る6月、のどの腫瘍を摘出。もともとは愛煙家だが、いくらヘビースモーカーでも術後しばらくはやめるはず。しかし、実際はやめた気配がないというのだ。 「ジャニーズには愛煙家が多く、中居を筆…

つづきを見る

憧れの的 なぜか支持されるAKB48・島崎遥香の批判を怖れない生き方

『AKB48』の“ぱるる”こと島崎遙香(21)が、一部ファンの間で高い支持を得ている。とりわけ、ぱるる流の生き方は「憧れの的」でもあるという。 島崎はこれまで問題発言を連発。「3年後はAKBにいない」「いま辞めてもいい」にはじまり、広島に原爆が投下された8月6日を「#8月6日ぱるるの日」とツイッターに投稿。大バッシング…

つづきを見る

『NEWS』手越祐也と小山慶一郎 天と地!キャバ嬢たちからのモテ具合

ジャニーズの人気アイドルグループ『NEWS』小山慶一郎(31)のレギュラーラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送)で、小山が同グループの手越祐也(27)とよく飲みに行くとした上で、「カラオケで手越に泣かされる」と明かした。 番組にリスナーから「カラオケで感情入りすぎて泣いたことありますか?」との質問が来た。 小山は「…

つづきを見る

AKB10周年イベントをネットニュースで知った篠田麻里子の崖っぷち度

元『AKB48』の“ 麻里子様”こと篠田麻里子(29)が窮地に陥っている。 「篠田をめぐっては、9月に入って、13年のAKB卒業について“実は、運営側からのクビ(解雇)だった”との衝撃的報道が一部でなされたのです。運営にかかわる機密事項をペラペラしゃべることなどが原因とのことですが、これで篠田の“ 女王様”イメージが激…

つづきを見る

ドラマ「半沢直樹」続編が2017年4月期放送内定!そして吹き飛んだ夏目三久更迭論

いまや女子アナ界の頂点に立った夏目三久(31)だが、漏れてくるのは、なぜか耳を覆いたくなるような罵詈雑言ばかり。 中でも、昨年3月末にスタートした『あさチャン!』(TBS)は最悪の雰囲気に覆われているという。 「一番の原因は総合キャスターを務める夏目のやる気のなさに付きますよ。番組に対する情熱が一切感じられないんです。…

つづきを見る

スクープ! 滝川クリステルと小澤征悦「完全復縁」裏に錦織圭と佐野研二郎

滝川クリステル(37)が、’09年から交際し今年3月に破局した小澤征悦(41)と完全復縁したという。 5月、滝クリは小澤がよく利用する都内のレストランを訪れ、笑顔で小澤の手を取り合う姿を一部女性誌が報じたばかり。その後、2人は極秘で「復縁」していたと週刊実話がいち早く報じたのだ。 その根拠として、滝クリの方に未練があり…

つづきを見る