スポーツ

反落合派に踊らされた中日・谷繁監督の「解任劇」

吉見健明の「ダッグアウト取材メモ」 「監督に休養をお願いして了承していただきました」 8月9日、プロ野球の中日ドラゴンズ谷繁元信監督(45)の事実上の解任が、佐々木崇夫球団社長の口から発表された。 9日の時点でチームは44勝58敗3引き分けの最下位。今後は森繁和ヘッドコーチ(61)が監督代行を務める。

つづきを見る

Horse racing

競馬会の「アイドルジョッキー」藤田菜七子が大スランプに陥った理由

JRAで16年ぶりの女性ジョッキーとなった藤田菜七子(19)が勝てていない。 6~7月で勝利したのは、地方の佐賀競馬に参戦した際の1勝のみ。しかも6頭立てで単勝1.2倍の大本命に騎乗したレースだ。ここのところ何の見せ場もない二桁着順も多く、スポーツ紙の扱いも小さくなってきた。当然、応援する競馬ファンも減っている。一体、…

つづきを見る

イチローがWBC侍ジャパン代表になる可能性

野球日本代表『侍ジャパン』の小久保裕紀代表監督(44)は『第4回ワールド・ベースボール・クラシック』(WBC)で王座を奪還するための切り札として、日本人MLB選手の招集を示唆している。 8月中に自ら渡米し、イチローを始め、ダルビッシュ有、田中将大らに直談判すると話していた。だが、過去の大会において、MLB球団のオーナー…

つづきを見る

東京五輪で王、長嶋、イチロー、松井が「夢の競演」

吉見健明のダッグアウト取材メモ 国際オリンピック委員会(IOC)は、かねてから追加種目に検討していた野球・ソフトボールを、2020年の東京五輪で開催種目にすると、日本時間の8月4日に正式発表した。 2012年のロンドン五輪から野球が除外されてからというもの、球界の大御所は必死に〝ロビー活動〟していた。私も野球記者のはし…

つづきを見る

コリジョンルールを引き金にWBC不参加も?プロ野球選手会とNPBが対立寸前

プロ野球で今シーズンから導入されたコリジョン(衝突)ルールが早くも修正されることになった。 日本野球機構(NPB)がその運用基準を《明らかに守備者に向かって起きた》から《守備者が明らかに走路を妨害して》と改め、オールスター戦後のシーズン後半戦から見直すことに決めた。

つづきを見る