スポーツ

The way to win.

プロ野球のドーピング検査強化にお門違いの恨み節が多数

日本プロ野球機構(NPB)は、2017年よりドーピング検査を強化することを発表した。従来の尿検査に加え、来季からは血液検査も実施する。これによって、世界アンチドーピング機関(WADA)の検査基準に準拠することになる。これは、東京五輪で野球とソフトボールが追加種目になったことが影響しているとみられる。 「これまではNPB…

つづきを見る

吉田沙保里に代わりに女子レスリングを引っ張る覚悟の伊調馨

気配りのできる人として周囲から好感を持たれている、女子レスリングの伊調馨(32)が、競技外でも精力的に活動している。 12月21日に開かれた『2016報知プロスポーツ大賞』の表彰式では、各スポーツの目覚ましい活躍を見せた選手が一堂に会した。伊調は北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)との会話に花を咲かせ、変化球の…

つづきを見る

浅田真央が過去最大の不振で今季を終えた理由

フィギュアスケートの全日本選手権で浅田真央(26)は自己ワーストの12位に終わった。 女子ショートプログラム(SP)でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を披露したが、1回転しか回れず8位と出遅れた。挽回を賭けたフリープログラムでも得点を伸ばせなかった末の結果だった。2018年2月に迫った平昌冬季五輪の出場に危機が迫っ…

つづきを見る

日本ハム斎藤佑樹の背番号「1」への変更に込められた意味

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(28)がこのオフの契約更改で背番号の変更を申し出た。これまでの18から来季は背番号が1となる。 「一般的にエースの背番号とされている18を返上するという申し出があって、背番号が変更されることになり、早稲田実業高校時代に付けていた背番号と同じ1を付けて再起を図れという、球団の親心が美…

つづきを見る

イチローと羽生結弦という二人の天才に共通すること

フィギュアスケートの羽生結弦(22)が、MLBのマイアミ・マーリンズに所属するイチロー(43)のようになっていると評判だ。 イチローはMLB1年目(当時シアトル・マリナーズ)で首位打者、盗塁王などになり、新人王と年間MVPを同時獲得した。すでにMLBだけで3000安打を達成し、日米通算では4300安打を超えている。 「…

つづきを見る

福原愛をきっかけに卓球日本チームで流行しだしたこととは?

卓球選手の福原愛(28)が1月1日に結婚披露宴を行う。台湾メディアによれば、通常は「有名芸能人、人気スポーツ選手であっても、披露宴は公開されない」とのことだが、福原は披露宴会見の席を設けるという。 「元旦の披露宴会見で、福原は今後目指していく卓球スタイルについても語る予定です」(卓球関係者) このようにメディア対応はい…

つづきを見る

ピークを過ぎた「最強横綱」白鵬は来年復活することができるか

今年の大相撲は、横綱の白鵬にとって、決していい年だとは言えなかった。 春場所、夏場所と2場所連続の優勝を果たし、本場所の優勝回数を37回に伸ばしたが、後半は低迷して苦しんだ。白鵬が年に2回しか優勝できなかったのは、一人横綱のプレッシャーにより、本領を発揮できなかった2012年以来、4年ぶりのことだ。 何より、怪我に苦し…

つづきを見る

フィギュア羽生結弦の考え方に傾倒するスキージャンプ高梨沙羅

女子スキージャンプの高梨沙羅(20)がワールドカップ(W杯)のロシア・ニジニタギル大会で優勝し、歴代通算2位となる47勝目を挙げた。 しかし、凱旋帰国第1戦となった12月18日の吉田杯ジャンプ大会では2位にとどまった。試合後に惜敗の弁が出るかと思いきや、高梨の試合後のコメントは達成感に満ち溢れていた。 「厳しい条件の中…

つづきを見る

所属チームは前向き…イチローがWBC侍ジャパンに招集される可能性

2017年3月に開催される『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』を戦う野球日本代表『侍ジャパン』に、イチロー(43=マイアミ・マーリンズ)が合流する可能性が出てきた。 オフシーズンの恒例行事であるウインターミーティングに参加したマーリンズのマイケル・ヒル編成本部長は、「彼がWBCへ行きたいならサポートする」と…

つづきを見る

微妙な成績で先場所を終えた稀勢の里の処遇に困る相撲協会

相撲界にとって、大関の稀勢の里(30)が悩みの種になりつつある。先の九州場所では3横綱から立て続けに勝ち星を挙げたことで、初場所(来年1月8日初日)が綱取りの挑戦場所になるのかならないのか、論争が起こっている。 稀勢の里が勝ったときの相撲内容は文句なしに横綱候補だ。ところが、負けた相撲はまるで自分の力を持て余し、自滅す…

つづきを見る