社会

海外で重宝される「ジビエ料理」はなぜ日本で定着しないのか?

森林に入り、高い狩猟技術のもと、野生動物を増やさず絶やさず生態系を保ってきたハンター。この猟銃を持ったハンターそのものが“絶滅”の危機に瀕している。 1970年代には、狩猟免許の保持者が50万人を超えていた。だが、いまやその人数は十数万人しかいない。年齢比率を見ても、1970年代には60歳以上が約5%しかいなかったが、…

つづきを見る

金正男暗殺は当初の「ハニートラップ作戦」を断念していた!?

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男が、マレーシアで殺害された事件で、韓国メディアは《殺害に致死性の高い『VXガス』が使われた可能性がある》との見解を報じた。 一方で、「あれは当初の計画だと、ベッド上に誘い込んで毒を盛る計画だった」という説が浮上している。現地の通信記者が次のように話す。 「正男の宿泊して…

つづきを見る

金正恩の真の暗殺ターゲットは金正男の息子「金漢率」か

金正男の殺害のニュースを受け、フランスのパリ政治学院に留学中とされる正男の息子、金漢率(キム・ハンソル)氏に身の危険が迫っている。 その理由は、“ナンバー2の存在は絶対に認めない”とする、金正恩朝鮮労働党委員長が実の兄に手を掛けた今回の件の動機にある。正恩の独裁のために最も邪魔な存在になるであろう人間は、賞味期限の切れ…

つづきを見る

金正男暗殺の背景にあった米国と中国による「金正恩排除計画」

北朝鮮の故金正日総書記の長男、金正男氏が殺害された事件の背景には、“核のドミノ現象”を避けたい思惑で一致しているアメリカと中国が水面下で進めていた、金正恩暗殺計画の頓挫があるのではないか。 「アメリカ軍は昨年、要人を暗殺する“斬首作戦”を実行してきた特殊部隊を韓国入りさせ、すでにスタンバイは完了したとされます。一方の中…

つづきを見る

スーツが売れなくなった紳士服量販店が編み出した「秘策」

「紳士服業界が、団塊の世代の定年退職により、限られた顧客を奪い合う構図が続き、既成スーツの売り上げが伸び悩んでいます」(繊維専門紙記者) こういう事情もあり、紳士服量販店はいま“オーダーメード”に注力しているという。 紳士服販売業界首位の青山商事は、昨年2月から『ユニバーサルランゲージ メジャーズ』の店名で、スーツやシ…

つづきを見る

兄・金正男の韓国亡命を弟・金正恩が「暗殺」で阻止か

北朝鮮の故・金正日総書記の長男、金正男氏が、マレーシアで暗殺された。 韓国メディアが伝えたところによると、《2月13日午前、クアラルンプールの空港で2名の若い女に毒針で殺害された。女たちはタクシーに乗って逃走。マレーシア警察は、この二人は北朝鮮の工作員とみて行方を追っている》としている。その後、同警察が「死亡したのは金…

つづきを見る

トランプ大統領の命を脅かす歴代アメリカ大統領の「ジンクス」

アメリカのドナルド・トランプ大統領が、1月20日の大統領就任後から、『オバマケア』の見直し、メキシコ国境の壁の建設、TPPからの離脱、中東とアフリカの7カ国からの渡航者の入国禁止と、次々と大統領令に署名し、世界に衝撃を与えている。 特に入国制限については、各地で反対デモが起こり、2月10日は連邦控訴裁が入国禁止令差し止…

つづきを見る

ドライブレコーダーの普及が「動かぬ証拠」になる4つの場面

事故の際に証拠になるドライブレコーダーだが、最近は事故だけでなく様々ところで役に立つようになっている。ドライブレコーダーはどのような時に役に立つのかということを紹介していく。 ■事故の際の証拠 多くの人がこの理由でドライブレコーダーを導入していると思う。事故を起こしてしまった時や巻き込まれてしまった際にドライブレコーダ…

つづきを見る

セブンイレブンが他のコンビニと合併や提携をしない理由

栃木県那須高原周辺。この地域の幹線道路沿いには『SAVE ON(セーブオン)』というコンビニエンスストアが多く存在している。この北関東を基盤とするセーブオンの約500店舗が、来年2018年の年末までに全てローソンに転換すると発表された。 コンビニ各社の店舗数日本一の座を巡る合併と出店の争いは、激しさを増している。なかで…

つづきを見る

アルバイトの「年収106万円の壁」は夫婦の状況で見極めるべし

パートタイムやアルバイトで働いている人々にとって、新たな“収入の壁”ができた。昨年10月から始まった“106万円の壁”と言われるものだ。 年収が106万円以上の条件を満たすと、厚生年金など社会保険の加入対象となる。もっと詳しく言えば、従業員501名以上の企業に1年以上働く見込みのある年収約106万円(月8.8万円)以上…

つづきを見る