社会

自衛官や鉄道員に学生も…増え始めた制服にまつわる問題

昨年、JR東日本と西日本が発注する従業員の制服の納入で、談合を繰り返していた疑いがあると、公正取引委員会(公取委)は、独占禁止法違反容疑で、百貨店大手の大丸松坂屋百貨店と三越伊勢丹、そごう・西武、総合商社の伊藤忠商事など9社を摘発した。 公取委から談合を指摘されたのは、JR東西両社に勤務する運転士や駅員、客室乗務員らの…

つづきを見る

LINEをエサに小学生の心理を突いた「恐るべき犯罪」

無料通信アプリ『LINE』の有料スタンプを贈り、その見返りとして小学生女子に裸の画像を送らせていたとして、埼玉県草加市に住む47歳のトラック運転手がが、大阪府警に児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の容疑で逮捕された。 この男は2015年10月から昨年10月にかけ、大阪府の小学4年生の女児と千葉県の小学6年生の女児に対し…

つづきを見る

prefabricated house

住宅メーカーが競う「高層プレハブ住宅」ってどんなもの?

『プレハブ』の建物には、“仮設住宅”というイメージがある。しかし、そもそもプレハブとは、建築物の部材をあらかじめ工場で製作し、建築現場で建物として組み立てる建築工法を指している。そのため、この工法を用いた住宅を『プレハブ住宅』と呼んでいるのだ。 そのプレハブ住宅メーカーが、競って4階建て以上の中高層建物に参入している。…

つづきを見る

あなたの愛犬が持っているかもしれない「遺伝病」の実状

人間は優れた猟犬や番犬同士を掛け合わせ、品種改良を行い、優秀な“使役犬”を作り出してきた。それと同時に、『遺伝性疾患』を持つ人気犬種が恐ろしいスピードで増加しているという。 「DNAのなかには、体を決める設計図が存在しています。これを元に細胞組織が組み合わさって体ができています。この流れの最初にある数多くの遺伝子が、最…

つづきを見る

Business woman with credit card talking phone in office

知らぬ間に「リボ払い」になる契約のクレジットカードに注意!

現金がないときにお世話になるクレジットカード。支払い方法は『一括払い』、『ボーナス一括払い』、『分割払い』、『リボ払い』の4種類が基本だ。このうち一括払いとボーナス一括払いは金利手数料がかからないが、分割払いとリボ払いには手数料がかかる。 なかでも、最近はリボ払いを巡るトラブルが増えている。国民生活センターなどへの相談…

つづきを見る

PPAPで明るみになった「商標ビジネス」とはどういうやり口か?

ピコ太郎の大ヒット曲『PPAP』のタイトルやフレーズ“ペンパイナッポーアッポーペン”などが、大阪府内の無関係の企業により昨秋、特許庁に商標出願されていたことが明らかになった。 PPAPを出願したのは、ベストライセンス株式会社の上田育弘氏。今回の件に関して、各メディアのインタビューに「私が出願していますので、それを無視し…

つづきを見る

国が推進している「空き家」の有効活用最新事情

少子高齢化と人口減少で“空き家問題”がますます深刻化している。そのため、政府も本腰を入れ始めた。 国土交通省は、空き家に入居する子育て世帯や高齢者に、最大で月4万円の家賃補助をし、受け入れる民間住宅には改修費として最大100万円を配布する方針だ。 国交省が空き家を使った新たな制度を設ける背景には、自治体が建てる公営住宅…

つづきを見る

大手メーカーに負けない商品を作る「一点突破」の家電ベンチャー

販売競争が加熱している空気清浄機の市場で、順調に業績を伸ばしている新興企業に『カドー』という会社がある。社名は“華道”を意味し、デザインのコンセプトにもなっている。しかし、同社の空気清浄機の最大の特長は“世界ナンバーワンの清浄能力”で、この機能に洗練されたデザインが加わることで、多くの顧客の支持を得ている。 同じく新興…

つづきを見る

人口100万人都市にある商店街をも衰退させる「エキナカ」

昨年11月30日に、JR千葉駅近くの若者向けショッピングビル『千葉パルコ』が業績の低迷によって閉店し、40年の歴史に終止符を打った。 「パルコに続いて、すぐ近くの三越も今年3月に閉店します。パルコと三越の閉店を嘆いている人も多いのですが、隣接の『千葉銀座商店街』はもっと深刻な問題に直面しています。JR千葉駅からパルコの…

つづきを見る

恐れてはいけない!? 新アメリカ大統領「ビジネスマン」ドナルド・トランプ

2016年11月8日にアメリカで行われた大統領選挙で、多くの予想に反してドナルド・トランプ氏が次期大統領に選ばれ、2017年1月20日には大統領就任式が執り行われた。大統領選挙では「メキシコとの国境に壁を築く」など物議を醸す発言を繰り返し、“米軍撤退”など、日本でも大きな影響を懸念される発言で多くの人がトランプ大統領の…

つづきを見る