社会

澤穂希、浜口京子、吉田沙保里… 参院選出馬「女の格闘バトル」

女子サッカー日本代表の澤穂希(37)が今季限りで現役引退を発表し、そのニュースは日本中を驚かせた。澤が“引退を表明せざるを得ない”何かが起きたのかだろうか。 「憶測を呼んだのが妊娠説。今年8月に結婚した澤は、『子供がほしい』と話していました。しかし、妊娠なら理由を隠す必要がない。自民党から参院選出馬のゴーサインが出たの…

つづきを見る

初日の出にトラブル続出? 10年で5倍に増えた暴走集団「旧車會」とは

『旧車會』という暴走集団の数が、この10年で5倍に増えているという。 旧車會というのは、基本的には暴走集団だが、暴走族とは違う。大人バージョンの走り屋だ。 暴走族は少年主体で無免許が当たり前だが、旧車會は免許を所有しているのが大きな違い。そして、「旧車」と呼ぶように1980年代に発売された古いバイクを改造して乗り回すの…

つづきを見る

申年に起きた政変、天変地異、大災害…そして、近代五輪もスタートした!

まもなく申年とオリンピックイヤーの2016年を迎える。加えて東日本大震災から5周年。政変や天災が多いとされる申年はどういう1年なのか。 まずは政治。『壬申の乱』(672年)という歴史的事件が起きたように、申年は政治の世界も大荒れだ。

つづきを見る

舛添都知事を脅かす猪瀬直樹氏大阪府・市特別顧問就任

突然の一報だった。松井一郎大阪府知事が、猪瀬直樹前東京都知事に大阪府市特別顧問への就任を要請したことで、舛添要一都知事周辺が騒々しくなってきた。 「最初は『次の都知事選の布石か?』という、うがった見方も飛び出したほどでした。しかし、猪瀬氏は公民権停止中の身で、次の2018年の都知事選出場は不可能です。それでも、舛添知事…

つづきを見る

セーラー万年筆お家騒動 社長はかつて話題になった事件の関係者

100年の歴史を持つ、老舗文具メーカーのセーラー万年筆に“お家騒動”が勃発した。同社は12月12日に中島義雄社長(73)の解任を発表したが、これに中島氏は猛反発し、「決議は無効」として東京地裁へ地位保全の仮処分を申請したのだ。 同社は昨年12月期まで8期連続で赤字を出し続けている。これでさらにドロ沼抗争が長期化するよう…

つづきを見る

杭打ちデータ偽装、解決へ…国交省すら「及び腰」

建築業界の杭(くい)打ちデータ偽装問題で、滋賀県は14日、県有施設4件でデータ流用が判明したと明らかにした。 この4件は県営住宅や県立高校などで、うち3件の施工業者はジャパンパイル、残り1件は日本コンクリート工業が請け負っていた。いずれも杭は地盤(支持層)に到達しており、安全性に問題はないという。

つづきを見る

沖縄「レーザー照射事件」でインリンがブログで謝罪

かつて『エロテロリスト』の異名を取ったインリン・オブ・ジョイトイ(39)の仕掛け人が逮捕された。それを受けて、業界関係者の間で衝撃が走っている。 7月1日の午後9時ごろから約9分間、沖縄県宜野湾市の上空約300mを飛行していた在沖縄米海兵隊の訓練中のヘリコプターに、レーザーポインターらしき緑色の光が計3回にわたって照射…

つづきを見る

「マイナンバー」カード申請者は14% まだまだ信用しきれない国民感情

人材サービス会社『VSN』は12月8日、「マイナンバー対応に関する調査」を発表した。 調査はインターネットのリサーチで全国の20~60代の男女、計1111名を対象に実施したもの。同社のアンケートでは、すでに通知が届いているカードの「交付申請者」は14.4%。「申請していない」は81.5%という結果だった。 「各社が実施…

つづきを見る

責任を認めたブラック企業「ワタミ」創業者・渡邉美樹氏に議員辞職のススメ

大手外食産業『ワタミ』の創業者である渡邉美樹参議院議員(56)の評判が、いよいよもって最悪だ。「議員即辞職」という声まで持ち上がっている。 渡邉議員は現在、ワタミグループの経営には直接タッチしていないが、同企業が「ブラック企業」と呼ばれるまでに組織を作り上げた張本人だ。 「10年近く前から、インターネットでは『ワタミは…

つづきを見る

日本人女性死亡!「整形大国」韓国で多発する美容手術ミスに気をつけろ

12月9日に韓国のソウル市内で20代の日本人女性が美容整形の手術を受け、死亡したニュースが報じられた。 女性は11月に韓国に入国。整形手術のブローカーの案内で、同21日、鼻と輪郭を直す手術を受けた。しかし、消毒などを受けた後の25日、ホテルで死亡が確認されたという。 これ以上の詳細は伝わっていないが、手術ミスという可能…

つづきを見る