アメリカ

トランプ大統領が「東京にトランプタワーを建てる」としたら…

アメリカ大統領に就任するや、早々にいろいろと騒動を巻き起こしているトランプ大統領だが、もともとは“不動産王”として名高い人物であったことは、すでに知られている。 しかし、その内実はちょっと怪しい。 「世界中に建てているトランプタワーやトランプホテルの多くはフランチャイズで、彼は『トランプ』という商標のロイヤリティーを受…

つづきを見る

トランプ大統領との過去の「関係」を蒸し返されている日本人

トランプ大統領が所有するニューヨークの『トランプタワー』では、ギフトショップにトランプ関連グッズを買い求める客が殺到し、売り上げが急増しているという。 人気のアイテムはペットをモデルにした犬のぬいぐるみや帽子、ピンバッジなど。トランプ大統領が大統領選挙で掲げた「アメリカを再び偉大な国にしよう」というスローガンが入ったT…

つづきを見る

アメリカが「エイリアンの人食い基地」建設中か!?

人食いエイリアンの基地が、アメリカのニューメキシコ州の僻地に建設中だという。しかも何と、これは公式記録に記されていることなのだ。 アメリカ農務省は、森林局によって管理されている土地に関する膨大なファイルを公開した。そこにはエイリアンやUFOの活動と思われるような奇妙な証拠も含まれている。 エイリアンやUFOに関する機密…

つづきを見る

出家の清水富美加がハリウッドへ進出して海外伝道師の道へ

宗教団体『幸福の科学』に出家した女優の清水富美加が、2月12日にツイッターを更新し、芸能事務所を批判した。 力ある大人の怖い部分を見たら 夢ある若者はニコニコしながら 全てに頷くようになる。 そんな中ですり減って行く心を 守ってくれようとしたのは 事務所じゃなかった。 — 清水富美加 (本名) (@sengen777)…

つづきを見る

金正男暗殺の背景にあった米国と中国による「金正恩排除計画」

北朝鮮の故金正日総書記の長男、金正男氏が殺害された事件の背景には、“核のドミノ現象”を避けたい思惑で一致しているアメリカと中国が水面下で進めていた、金正恩暗殺計画の頓挫があるのではないか。 「アメリカ軍は昨年、要人を暗殺する“斬首作戦”を実行してきた特殊部隊を韓国入りさせ、すでにスタンバイは完了したとされます。一方の中…

つづきを見る

トランプ大統領の命を脅かす歴代アメリカ大統領の「ジンクス」

アメリカのドナルド・トランプ大統領が、1月20日の大統領就任後から、『オバマケア』の見直し、メキシコ国境の壁の建設、TPPからの離脱、中東とアフリカの7カ国からの渡航者の入国禁止と、次々と大統領令に署名し、世界に衝撃を与えている。 特に入国制限については、各地で反対デモが起こり、2月10日は連邦控訴裁が入国禁止令差し止…

つづきを見る

幼くして亡くなった娘が何度も起こす「怪奇現象」

息子のセルフィー(自撮り)画像に、亡くなった妹の霊が写り込んだと、母親のパトリシア・ウィンチェスターさんが涙している。妹の霊は、生前お気に入りだった白いドレス姿で、その写真が話題となっている。 アメリカのテキサス州に在住しているウィンチェスターさんの13歳の息子のハンター・バウンズくんが、上半身裸で自撮りをした。首に金…

つづきを見る

恐れてはいけない!? 新アメリカ大統領「ビジネスマン」ドナルド・トランプ

2016年11月8日にアメリカで行われた大統領選挙で、多くの予想に反してドナルド・トランプ氏が次期大統領に選ばれ、2017年1月20日には大統領就任式が執り行われた。大統領選挙では「メキシコとの国境に壁を築く」など物議を醸す発言を繰り返し、“米軍撤退”など、日本でも大きな影響を懸念される発言で多くの人がトランプ大統領の…

つづきを見る

トランプ大統領の誕生で世界的に広がる「自国ファースト」思想

欧州の極右派政治家は、ドナルド・トランプ新アメリカ大統領の就任を、あたかも自身のことのように歓迎している。その面々には、フランスの極右政党『国民戦線』のマリーヌ・ル・ペン党首、オランダの同『自由党』のヘルト・ウィルダース党首、英国の右派政党『独立党』の欧州議会議員ナイジェル・ファラージ、オーストリアの極右政党『自由党』…

つづきを見る

トランプ新大統領誕生でハリウッドから日本人俳優や女優も追放か

ドナルド・トランプ新アメリカ大統領は、「アメリカ ファースト!」と就任式で叫んだ。その意味は、アメリカ社会において、外国人を排除していく姿勢を端的に示している。 トランプ大統領は、アメリカ労働総同盟に外国人労働者の総数を減らせと指示したとされる。 「トランプ大統領は方針書で、外国人労働者に対するグリーンカードの新たな付…

つづきを見る