タコ

古代生物「オルガズム46-B」がロシアによって生物兵器に!?

南極大陸の海底に14本足の“巨大殺人ダコ”がいるという。体長10mほどで、何にでも変身し、人間を催眠術で操り、50m先から人間を麻痺させる毒を吐く悪魔のタコだ。それを、ロシアのプーチン大統領が生体兵器として利用しようとしているというのだ。 ロシアの北極南極科学調査研究所の探検隊の一員だったアントン・パダルカ博士は、南極…

つづきを見る