ハラスメント

ブラック企業大賞受賞の電通が「合コン禁止令」を発布

『ブラック企業大賞2016』の大賞に電通が選ばれた。同社は改革本部を設置し、異常な時間外業務や残業の一因とされている社員の心得“鬼十則”を社員手帳から削除するなどの改革に乗り出している、 だが、その改革のなかに、部署によっては“合コン禁止”という項目があるといる。 「12月28日に役員らが労働基準法違反の疑いで書類送検…

つづきを見る

電通の「ブラック企業大賞」受賞を大きく取り上げたメディアは…

『ブラック企業大賞2016』の大賞に、広告代理店の電通が選ばれた。今年はドン・キホーテ、関西電力、佐川急便などの有名企業を含む10社がノミネートされるなかで、電通はワースト企業として不名誉な烙印を押されたことになる。 ブラック企業大賞は2012年から毎年選考され、今年で5回目。日常的に労働相談に取り組んでいる弁護士や市…

つづきを見る

「ヌーハラ」以外にも続々と生み出されているハラスメント

先ごろ“ヌーハラ”という言葉が話題になった。ヌーハラとは“ヌードル・ハラスメント”の略で、日本人がラーメンやそばなどをすする音が、外国人にとっては不快だという話だ。 「あるツイッターアカウントが発信源のようで、そのツイートでは日本での食べ方に否定的な主張が展開されていました。それを受けてSNSでその是非が論じられ、テレ…

つづきを見る

ASKAの再逮捕で頭を悩ませる忘年会幹事とカラオケ店

歌手のASKA(58)が覚せい剤取締法違反で再び逮捕された。 そのため、年末の忘年会の幹事さんが頭を悩ませているのが「ASKAの替え歌禁止令」を出すかどうかだという。大手広告代理店の社員が語る。 「替え歌で『よけいな粉などないよね~♪』などと歌いだすと座がしらけるのは、前回の逮捕のときの忘年会で実証済みです。ところが、…

つづきを見る

「ヌードルハラスメント」をことさら大げさに放送しているのはやっぱりあのテレビ局

いま世間で“ヌードルハラスメント”が話題になっている。日本人の麺の食べ方が、外国人にとって不快感を感じる行為になるのだといい、“ヌーハラ”という言葉でも広まっている。 「インターネットから生まれた造語とされていますが、出どころは不明です。麺を食べるときのすする音が外国人には苦痛だということで、嫌がらせと感じる人もいると…

つづきを見る

膳場貴子「ニュース23」降板を加速させる外部圧力

『NEWS23』(TBS系)のメーンキャスターを務めている膳場貴子(40)が、12月初めに第1子となる女児を出産した。しかし、職場復帰は前途多難の道のりになりそうだという。 「出産が明らかになる直前、一部スポーツ紙がTBS関係者の話として『(膳場キャスターから)番組に区切りをつけて育児に専念したい』と申し入れがあったた…

つづきを見る

たばこの煙「スモハラ訴訟」原告敗訴で分かったこと

去る11月19日、受動喫煙により心臓病を再発したなどとして、勤務先を訴えていた男性の『スモハラ(スモークハラスメント)』裁判の判決が横浜地裁で下された。 同地裁は男性の訴えを全面的に退けた。 原告男性は横浜市内の自動車学校に勤務。職場での受動喫煙の影響で持病の心臓病を再発したほか、分煙を求めるなどした結果、職場で嫌がら…

つづきを見る