フィギュアスケート

満身創痍の浅田真央はもうトリプルアクセルが跳べない!?

フィギュアスケートの浅田真央(26)が不振にあえいでいる。 グランプリシリーズ(GP)のフランス杯で自己ワーストとなる9位を記録した。その前のアメリカ大会でも6位と振るわず、今シーズンのGPファイナルへの出場権も失った。 「フランス大会での演技終了後、浅田は『自信の全てを失った』と発言しました。そして、この映像を中継し…

つづきを見る

フィギュアNHK杯前に羽生結弦が「風評被害」に

フィギュアスケートのグランプリシリーズ(GP)最終戦であるNHK杯が、11月25日から札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕した。 男子シングルに出場する羽生結弦が、トータル得点でまた300点を超えるのか、来年の平昌冬季五輪(韓国)に向けてどう調整していくかに注目が集まっている。 だが、意外な分野からも“羽生…

つづきを見る

フィギュアスケートのリプニツカヤが精神的ダメージと怪我で絶不調になった陰には羽生結弦が…

2014年ソチ冬季五輪のフィギュアスケート団体で大活躍し、金メダルを獲得したロシアのユリヤ・リプニツカヤ(18)が、グランプリシリーズ(GP)のロシア大会(ロステレコム杯:11月4~6日)で、最下位の12位に終わった。ショートプログラム(SP)では3位という好位だった彼女に何が起こったのか。 「フリーの途中で体のトラブ…

つづきを見る

浅田真央が流行語大賞を狙って「あの言葉」を再使用?

スポーツ界でも今年の流行語大賞が話題に挙がってきた。プロ野球関係者からは、広島東洋カープの優勝への快進撃から派生していった“神ってる”を推す声が多い。 この“神ってる”はノミネートはもちろん、スポーツ部門での受賞の可能性は高いと見られていたが、思わぬ難敵が現れた。

つづきを見る

世界選手権で負傷した羽生結弦がカナダ・トロントで治療と休養する理由

アメリカのボストンで行われた、フィギュアスケート世界選手権で、男子シングルに出場した羽生結弦(21)は、惜しくも2位に終わった。 この大会は、羽生にとって本当に不本意だったことだろう。試合前の公式練習ではカザフスタンのデニス・テンとあわや激突寸前になり、羽生が「わざとだ」と声を荒げるシーンもあった。

つづきを見る

フィギュア世界選手権で見えた日本女子と「世界との差」はどこにある?

アメリカのボストンで行われたフィギュアスケート世界選手権で、日本の女子が11年ぶりに表彰台に立てないという結果に終わった。 日本人選手の順位は宮原知子(18=関西大)の5位が最高で、過去に同大会を3回制している浅田真央(25=中京大)は7位だった。

つづきを見る

本田真凜・望結の姉妹にかかる「浅田姉妹」超えの期待

3月19日に行われたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ハンガリー)で、女子シングルに出場した本田真凜(14)が初優勝した。 真凜はショートプログラム(SP)では2位だったものの、フリーで126.87を記録。合計で192.98点を獲得し、2010年の村上佳菜子(21)以来6年ぶり7人目の快挙を達成した。

つづきを見る

韓国フィギュアスケート界に「キム・ヨナ以上」の天才少女現る

韓国フィギュアスケート界に、キム・ヨナが「私が小学生のときよりもうまい」と舌を巻いたという天才少女が、彗星のごとく現れた。 1月10日に韓国のソウル市内で行われた『コリアフィギュアスケートチャンピオンシップ兼第70回総合女子シニア』で、11歳8カ月のユ・ヨンが優勝を果たした。 「大会史上最年少の記録です。ユ・ヨンはキム…

つづきを見る

羽生結弦の交際報道で発覚した日本スケート連盟の「勢力争い」

フィギュアスケート選手の羽生結弦(21)の交際が報じられた。相手は女子大生で、東北高校時代の同級生だという。 今回のこの交際発覚には日本スケート連盟の勢力争いが垣間見えるという。 「羽生のファンは100%女性と言っても過言ではない。ソチ五輪後に浅田真央が長期休業に入り、下火になったスケート界を救ったのは羽生です。浅田が…

つづきを見る