フジテレビ

真相スクープ!フジテレビが異例の加藤綾子アナ「退社阻止作戦」を開始

フジテレビのカトパンこと加藤綾子アナウンサー(30)の去就&退社問題をめぐり、局内が大紛糾していることが分かった。 7月に一部スポーツ紙が“加藤アナ9月退社”と報じたのが発端となって浮上したこの問題。 報道直後に亀山千広社長が完全否定し、実際に加藤アナは9月に退社しなかったことから、騒動は収まったかにみえた。しかし、水…

つづきを見る

新女帝・生野陽子アナが制圧したフジテレビの「女子アナ派閥」

いまフジテレビの“ショーパン”こと生野陽子アナ(31)が圧倒的な力の違いを見せている。「あと10年以上、局アナでいるのではないか」という安定感ぶりだ。 世間一般には1年後輩の“カトパン”加藤綾子アナ(30)の動向のほうに注目が集まっている。加藤アナは現在早朝の情報番組『めざましテレビ』の司会を担当。フリーになるのか、な…

つづきを見る

これで復活!? 博士号はく奪の「小保方さんを狙う業種」があった!

「STAP細胞はありま~す!」 元理化学研究所ユニットリーダーの小保方晴子さん(32)が早稲田大学から博士号を取り消されることが、10月30日までに分かった。これで研究者としての道は完全に閉ざされた格好だ。 昨年1月に万能細胞として『STAP細胞』の研究を発表し、一躍“リケジョの星”として持てはやされた小保方さんだった…

つづきを見る

フジ再生の切り札!田中みな実「めざましテレビ アクア」MC就任!?

 フリーアナウンサーの田中みな実(28)が、再びフジテレビのMCに就任する可能性が出てきた。 「彼女のすごいところは、辞めたTBSに今でも番組を持っていること。天敵とされた吉川美代子元TBSアナウンススクール校長も『みな実は才能がある』とTBSを退社したことを惜しがったほどです」(TBS関係者) みな実は、昨年10月に…

つづきを見る

共演者はメロメロ!? 「ナチュラルに色気」を発しはじめた石原さとみ

10月期にスタートした『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)で、ヒロインを演じているのが石原ひとみ(28)だ。 「この夏の『恋仲』は、初回視聴率1桁を記録するなど低迷しました。今回、“月9ドラマ”の威信を取り戻すべく、彼女の発する魅力に賭けたようです」(芸能記者) これに負けず嫌いの石原に火が付いた。 「“5…

つづきを見る

新番組MC就任へ!川田裕美の披露した「秘密兵器」がネットで話題

えーっ“あんなに大きかったの!?” 男性視聴者を喜ばせたのは、フリーとして活躍中の川田裕美アナウンサー(32)だ。 「9月19日に放送された『有吉の夏休み2015 密着100時間inハワイFINAL』(フジテレビ系)で、これまでひた隠しにしてきた豊かなバストを披露したことで、注目度が急上昇しているんです」(テレビ雑誌記…

つづきを見る

フジテレビ「新人女子アナ早慶戦」に勝利した宮司愛海アナが「カトパン後継者」に

フジテレビの話題の新人・宮司愛海アナ(24)の担当番組が決まった。“ポスト・カトパン”として完全にエリートコースに乗ったようだ。 宮司アナは去る9月28日より早朝番組『めざましテレビ アクア』にお天気キャスターとして出演。初のレギュラー番組を持つことになった。 「いま同局では『~~アクア』から『めざましテレビ』が出世コ…

つづきを見る

りえママ店じまい! 人気番組『ヨルタモリ』終了の“なぜ”?

『ヨルタモリ』(フジテレビ系)が、9月20日の放送をもって終了した。日曜の夜11時台に安定して10%を超える視聴率をマークしているにもかかわらずだ。 「視聴率低迷に苦しむフジにあって、唯一といってもいいヒット番組。開始から1年が経ち、むしろファンが拡大していた中でのことですから、この終了は異例というべき事態でしょう」(…

つづきを見る

“月9”初主演でハッスル!石原さとみが共演者の山下智久にロックオン

“山P狙い”が原動力!? 石原さとみ(28)の“共演者キラー”にスイッチが入った。10月スタートの主演月9連ドラ『5→9 ~私に恋したイケメンすぎるお坊さん~』(仮題、フジテレビ系)で、ジャニーズ屈指のイケメン・山下智久(30)と初共演が決定。月9初主演に気合いが入る石原は、お色気シーンなどやる気満々だという。 「ドラ…

つづきを見る

これじゃまるで“リスクの女王”!? 戸田恵梨香が共演者とのベッドイン写真投稿

女優の戸田恵梨香(27)が画像共有サイト・インスタグラムに、フジテレビのドラマ『リスクの神様』で共演する満島真之介との“ベッド写真”を投稿し、関係者を震え上がらせている。 ドラマ視聴率の低迷が続くフジは『ピュア』(’96年)や、『やまとなでしこ』(’00年)の出演で平均視聴率20%以上を弾き出した実績のある堤真一を起用…

つづきを見る