プロ野球

侍ジャパンWBC敗退にふたつの要因

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝ラウンドの準決勝で、野球日本代表『侍ジャパン』はアメリカと対戦し、1-2で敗れた。試合終了後、小久保裕紀監督は「力を尽くしてくれた。選手たちはよくやってくれた。感謝したいと思う」と敗戦の弁を述べた。 侍ジャパンの準決勝敗退には、これまでにないふたつの要素が絡んでい…

つづきを見る

各選手が「WBCの制約」を抱えるなかで名采配を見せたアメリカ

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝ラウンドでアメリカは野球日本代表『侍ジャパン』を2-1で下し、決勝へと駒を進めた。 アメリカのジム・リーランド監督がこの準決勝を前に、昨季ピッツバーグ・パイレーツとワシントン・ナショナルズで活躍した投手のマランソンを追加招集した。マランソンは昨季47セーブを挙げて…

つづきを見る

WBC観客増が五輪の野球復活を後押しか

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、これまで以上に盛況であるため、野球・ソフトボール競技が正式に五輪で復活する可能性が出てきたという。 「2次ラウンドを終えた時点でのWBCの観客動員数は約60万人。前回大会の同じ時点では約40万人だったので、今大会は興行面で成功したと言っていいでしょう」(米国人ライ…

つづきを見る

WBCは「適応能力」が勝敗を分ける

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の観客動員数は、すでに60万人を超えたという。前売り券の売上げ状況から見出した計算ではあるが、WBCは大会回数を重ねるごとに認知度を上げ、野球ファンを拡大しているようだ。 「侍ジャパンと対戦したキューバ、オーストラリア、中国、オランダ、イスラエルの選手たちは、日本の応…

つづきを見る

MLBがなぜかNPBの公認球を導入することが内定

MLBは、今季から敬遠を“申告制”とし、投手が意思を示せば打者を一塁に歩かせることができるようになる。ストライクゾーンも、これまでの“膝頭の下”から“膝頭の上”に変更される。一昨年には、走者と野手の衝突事故を防ぐためのコリジョンルールが加えられた。 「今回のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、敬遠に関する…

つづきを見る

侍ジャパンWBC6戦全勝で準決勝の舞台アメリカへ

3月15日に2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドE組の最終戦2試合が行われ、野球日本代表『侍ジャパン』はイスラエルを8対3で下し、この大会6連勝で決勝ラウンドへの進出を決めた。 イスラエル戦はこれまでの5試合とは違い、試合中盤までスコアボードにゼロが並んだ。得点はするが早いイニングで失点し…

つづきを見る

侍ジャパンを勝利に導いた山田哲人と内川聖一の起用法

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで、野球日本代表『侍ジャパン』は2戦目をキューバと戦い、8対5で勝利を収めた。侍ジャパンは今大会5連勝で、ベスト4の出揃う決勝ラウンドへの進出に王手を掛けた。 キューバとは1次ラウンドでも対戦し、侍ジャパンは終始リードをする展開で11対6というスコアで勝…

つづきを見る

WBCを回避した大谷翔平が万全に向けて順調な調整中

野球の2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、日本代表『侍ジャパン』が決勝ラウンド進出に向けて、好調を続けている。大会直前に大谷翔平が欠場を決めたときは暗雲が立ち込めたが、そんな心配はどこ吹く風だ。 その大谷は、2次ラウンド初戦のオランダ戦が行われていた12日に、イースタン教育リーグ(二軍)の千葉ロッテ…

つづきを見る

WBC今大会最高の熱戦を制した侍ジャパンの勝因とは

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドが始まり、プールBからプールEへ勝ち進んだ野球日本代表『侍ジャパン』は、3月12日にオランダと対戦し、6対8で勝利を収めた。 試合は十一回までの延長戦になり、午後7時8分に始まった試合は4時間46分にも及んだ。試合が終わったのは日付が変わる寸前だった。 …

つづきを見る

球数制限のあるWBCで好投している投手を交代させる勇気

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦のオーストラリア対日本の試合。1対1の同点で迎えた五回裏、日本代表『侍ジャパン』の投手コーチを務める“名伯楽”の権藤博コーチは、先発投手の菅野智之に続投を指示した。4回を投げ終わった時点で、菅野の投球数は48。WBCでは各ラウンドごとに最大投球数が定…

つづきを見る