プロ野球

幻に終わった星野仙一の「巨人監督就任」秘話

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】 1月16日、東京六大学時代から付き合いのある星野仙一の野球殿堂入り(エキスパート部門)が決まった。 毎年、殿堂入り選考時期になると、仙ちゃんの名前が話題に上がるものの、落選してきた経緯がある。その度に「俺に名誉ある勲章は縁がない」と、一番名誉にこだわる仙ちゃんは、寂しくそう語っていた…

つづきを見る

大谷翔平が目指す「二刀流」から「三刀流」への進化

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が、昨季に進化させた“武器”を使って弱点克服に乗り出している。 昨季は投手として2桁勝利を挙げ、打者としても打率3割2分2厘、22本塁打、67打点を記録した。 「昨季は大躍進の1年になりました。指名打者と投手の両部門でベストナインに選ばれるという前例のない受賞の仕方に加えて、…

つづきを見る

大谷翔平のMLB移籍秒読みで焦り始めた「あの人」

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が、1月8日に都内で行われたゲーム大会『パワプロフェスティバル2016決勝大会』にゲストで出席した。 「大谷は日本のプロ野球選手で最も人気があるといっても過言ではないでしょう。常にスポーツ紙の紙面を飾り、この日も子供たちからの多くの歓声を浴びていました」(スポーツライター) …

つづきを見る

WBC公式球の支給が足りずに自腹で買う侍ジャパンの選手たち

プロ野球の巨人に所属する坂本勇人(28)が、1月6日に自主トレ先のグアムで5時間半にわたる練習を行った。坂本は、自主トレ出発前に空港での取材の際には、「投げる方が気になっちゃう」という意味深な言葉を残している。 3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を戦う野球日本代表『侍ジャパン』のメンバー…

つづきを見る

投手よりも打者としての評価が高まっている大谷翔平

2016年に投手と打者で大活躍を見せた、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)は、将来的には打者として期待されているようだ。 「あるMLBのチームのスカウティング・リポートでは、大谷はMLBで44本塁打、120打点以上が可能だと報告されています。同時に、10年契約で総額200億円以上の価値があるとも言われています…

つづきを見る

The way to win.

プロ野球のドーピング検査強化にお門違いの恨み節が多数

日本プロ野球機構(NPB)は、2017年よりドーピング検査を強化することを発表した。従来の尿検査に加え、来季からは血液検査も実施する。これによって、世界アンチドーピング機関(WADA)の検査基準に準拠することになる。これは、東京五輪で野球とソフトボールが追加種目になったことが影響しているとみられる。 「これまではNPB…

つづきを見る

日本ハム斎藤佑樹の背番号「1」への変更に込められた意味

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(28)がこのオフの契約更改で背番号の変更を申し出た。これまでの18から来季は背番号が1となる。 「一般的にエースの背番号とされている18を返上するという申し出があって、背番号が変更されることになり、早稲田実業高校時代に付けていた背番号と同じ1を付けて再起を図れという、球団の親心が美…

つづきを見る

所属チームは前向き…イチローがWBC侍ジャパンに招集される可能性

2017年3月に開催される『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』を戦う野球日本代表『侍ジャパン』に、イチロー(43=マイアミ・マーリンズ)が合流する可能性が出てきた。 オフシーズンの恒例行事であるウインターミーティングに参加したマーリンズのマイケル・ヒル編成本部長は、「彼がWBCへ行きたいならサポートする」と…

つづきを見る

日本最速、パ・リーグMVP、結婚したいスポーツ選手、なんでも総なめにしていく大谷翔平

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が契約更改をし、推定年俸が2億円から2億7000万円に増額した。 大谷は今季、日本プロ野球の投球で最速の165km/hを記録し、パ・リーグのMVPにも輝いた。そして、契約更改の場では来季以降のMLBへの挑戦も容認されたと報じられている。 「あるMLB球団のスカウティングリポー…

つづきを見る

サッカー日本代表に人気で勝てない野球の「侍ジャパン」が常設廃止を検討か

野球日本代表の『侍ジャパン』は、来年3月に大きな転機に立たされる。 「国際試合のテレビ視聴率が、日本野球機構(NPB)の見込んでいた目標数値に一度も届きませんでした。サッカー日本代表との視聴率競争にも負け、侍ジャパンの存在そのものが再検討されています」(球界関係者) 先日は、サッカー日本代表と視聴率で“直接対決”があっ…

つづきを見る