ロボット

AIの発達で人類がロボットに支配される可能性はどれくらい?

ドイツの日刊新聞『ヴェルト』が《AI(人工知能)は100万人の雇用を消滅させる》と報じた。同じくドイツの週刊誌『シュピーゲル』の電子版は《ロボットは仕事を食ってしまう》と報道するなど、AIのもたらす“恐怖”をあおっている。 確かにAIは、病気で会社を休まないし、出産休暇も夏季休暇も必要なく、しかも昼夜を問わずに働き続け…

つづきを見る

次世代コミュニケーションロボット「Chapit」の開発秘話を聞いてきた

電気をつけたり、テレビのチャンネルを変えたり、エアコンをつけたり……。 かつては、それらの機器とつながっているダイヤルやボタンを操作して行っていた。 それがいつしか、“リモコン”という離れた場所からも、電気・テレビ・エアコンを操作できる便利な機器が生まれた。 “リモコン”さえ使わず操作できるようになったら、私達の生活は…

つづきを見る

会社が雇った人工知能があなたに「クビ」を宣告する時代がやってくる

先ごろアメリカのテキサス州で起きた白人警官狙撃事件で、ダラス市警は狙撃犯とみられる容疑者を“ロボット爆弾”によって殺害した。 ダラス市の緊急事態に備えた機材一覧表によると、このロボットは米軍事産業大手ノースロップ・グラマン社の『アンドロス』ではないかとみられている。

つづきを見る

Blue robot hand will greet gloseup

教育や認知症介護の現場にも進出が期待される人型ロボットの最先端事情

シンガポールの南洋理工大学で受付に座るヒューマノイドロボット『ナディーン』は、茶色のロングヘアにやわらかい肌を持ち、まるで人間のように表情豊かに振る舞うという。 しかも、挨拶をすれば返事をし、次に会うときには、来訪者の名前ばかりか、前に訪れた時の要件や会話した内容まで覚えていてくれる。既成のロボットと違って個性があり、…

つづきを見る