中国

中国人民銀行が「爆買い」をストップさせる措置を実施

中国人民銀行と中央銀行監査委員会は12月20日に、『銀聯カード』の新規発行を停止すると発表した。銀聯カードとは、いわゆる“デュアル・カレンシーカード”(国内外通貨建て)で、中国国内で買い物ができ、さらに日本など海外でも使える。つまり、中国人の“爆買い用カード”なのだ。これによって、中国人観光客による日本での買い控えが、…

つづきを見る

韓国に有利な協定も日本が関係すると徹底批判する韓国メディア

日韓両政府は安全保障上の機密情報を相互に共有と保護するため、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結した。同協定を結んだことで、これまでアメリカを介して得ていた両国の北朝鮮軍事情報を直接やりとりできるようになる。 「GSOMIAには、交換する機密のランクや提供方法、保安上の原則、閲覧者の範囲、廃棄の方法、紛失防止策、…

つづきを見る

中国の「不良債権」公式発表に日本企業が気を付けるべきこと

“爆買い”の衰退が始まり、中国周辺の『チャイナリスク』は膨らむ一方になっている。 中国当局が公表した数字によると、融資残高に占める不良債権の割合は、2016年3月末時点で1.4%で、2013年当時の日本の水準並みになっている。しかしながら、この数字は鵜呑みにできないと囁かれてきた。すでに指摘されているように、中国の不良…

つづきを見る

世界経済がどのように動いているのかは株価から紐解くことができる

前回は、株価が世の中の景気動向を鋭く反映するということを紹介させていただいた。 例えば、昨年8月に起きた株価急落は、中国の人民元切り下げのニュースに端を発するものだった。中国経済の成長が減速してきたということが明らかになり、今年に入ってからも成長が減速している。

つづきを見る

なでしこジャパンに影響も…中国女子リーグが日本人を「爆買い」

サッカー女子日本代表『なでしこジャパン』の新監督に、U-20代表を指揮してきた高倉麻子氏(48)が就任した。 この監督就任は、前任の佐々木則夫氏が退陣を表明してから、2カ月以上が経過してからの発表だった。 それほど遅れてしまった背景には、中国の“爆買い”が影響していたようだ。

つづきを見る