医療

訪日外国人患者の「医療費踏み倒し」で病院がピンチ

外国人観光客が医療費を未払いにしたまま帰国する問題が相次ぎ、病院が悲鳴を上げている。関係者は、「食い逃げは逮捕されるのに、医療費の踏み倒しは許されるのか」と憤りを隠していない。 空港近くの、とある医療センターに来院する人は、大半が急患だ。しかし、未納となる人は旅行保険に加入しておらず、クレジットカードも持っていないこと…

つづきを見る

集団強姦に大麻吸引やヤクザとの癒着…医師が目立つ事件の数々

恐喝事件で実刑が確定した暴力団組長の健康状態について、京都府立医科大学付属病院が虚偽の診断書を作成したとされる問題が波紋を呼んでいる。 京都府警は2月14日、虚偽公文書作成容疑などで同病院を家宅捜索した。指定暴力団山口組系淡海一家総長の高山義友希元被告の刑の執行停止を手助けするために、虚偽の診断書を作成したとされる。 …

つづきを見る

どうすれば買った医薬品の代金を控除できるの?

今年の1月1日から、“健康管理や予防に取り組んでいる人”を対象に、新たに『セルフメディケーション税制』が施行された。一定の予防や取り組みを行っている人に対して、一部の医薬品の購入費用を控除できるようになったのだ。 「これまでの医療費控除の特例という位置付けです。健康管理や予防に取り組んでいる人が薬局で、『スイッチOTC…

つづきを見る

木村拓哉「A LIFE」で医学生に見せられないと指摘されたシーン

木村拓哉主演のドラマ『A LIFE ~愛しき人~』(TBS系)でのある台詞が、医療業界で問題になっている。 このドラマは、木村が演じる医師が、責任回避ばかりを考えている病院の経営陣やライバルの医師たちに反発されつつも、難しい手術を切り抜けていくというものだ。 「分かりやすく言えば、『ドクターX』(テレビ朝日系)の男性版…

つづきを見る

担当外の手術に越権行為…現役医師が「A LIFE」に物申す

木村拓哉主演のドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)は、現職の医師が見たら“ありえない場面”が存在するという。 ドラマでは、病院経営者の娘で、小児外科医の壇上深冬(竹内結子)の頭に腫瘍があることが発覚する。深冬の夫は脳外科医の権威で、副院長の壇上壮大(浅野忠信)。しかし、どういうわけか壮大は自分で手術を執刀せず…

つづきを見る

木村拓哉主演「A LIFE」を見た現役医師が感じた違和感

木村拓哉主演の連続ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)に対し、医師たちから多くの異論が出ているという。そこで早速、同ドラマを見ているという現職医師二人に話を聞いてみた。 木村の演じる沖田一光は心臓専門の外科医。アメリカのシアトルで6000名以上の手術を手掛け、第1話で壇上記念病院の院長である壇上虎之介(柄本明…

つづきを見る

Health Hopistal Icon Symbol Concept

スマホの健康管理が医療を変える?すでに生命保険は…

この数年、銀行決済から買い物、エンターテイメントに至るまで、スマートフォンは我々の生活を大きく変えてきた。その、スマホの次のターゲットとされているのが、最後の砦とされる医療分野。次世代を見据え、医療に特化したスマホの開発が現在注目されつつある。 すでにいくつかの開発は進んでいる。 「例えば発疹を起こした場合、患部の写真…

つづきを見る

ドクターXで大門が言った「私、バイトなので」の台詞の深い意味

10月期のテレビドラマは『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が、12月8日放送の第9話の平均視聴率で22.6%と、2位以下を5%以上も引き離して圧倒的な人気ぶりだ。 しかし、米倉涼子(41)扮する女医の大門のある台詞が波紋を呼んだ。 大門の決め台詞は「私、失敗しないので」。しかし12月8日放送の大門はい…

つづきを見る

日本初「株式上場」動物病院の利点と課題

昨年3月に『日本動物高度医療センター』(平尾秀博社長)が東証マザーズに上場を果たした。犬と猫専門の動物病院ということもさることながら、医療機関を運営する会社の上場は初めてのことで話題となった。 現在運営しているのは、本院(川崎市)と分院(名古屋市)の2施設だが、来年以降には東京都足立区と大阪府箕面市にも開設の予定となっ…

つづきを見る

大門未知子のようなフリーランス医師「ドクターX」って本当に存在するの?

米倉涼子(41)が主演を務めている連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日)が高視聴率を維持し続けている。第6話終了まで平均視聴率は21.22%と今期のドラマではずば抜けている。「私、失敗しないので」の決め台詞は、ドラマ史に残る名言になりそうだ。 ところで大門のような“ドクターX”というのは本当に存在す…

つづきを見る