反町隆史

反町隆史が「相棒」続投になった真相

水谷豊主演の連続ドラマ『相棒 season15』(テレビ朝日系)がいよいよ最終回を迎える。そんななかで“相棒”が反町隆史から元『SMAP』の稲垣吾郎に変わるのではないかとの報道が一部あったが、これが全くの誤報であることが判明した。 「3月上旬に行われたseason15の打ち上げで、水谷豊がギャグとして『次の相棒は稲垣吾…

つづきを見る

ドラマ相棒の新相棒役に稲垣吾郎の名前が出てきた経緯

人気ドラマシリーズ『相棒』(テレビ朝日系)の“新相棒”について、主演の杉下右京役の水谷豊が現在放映中のseason15の打ち上げ会に出席した際に、あいさつで「次の相棒は稲垣吾郎さんらしいです」と語ったという。これは3月15日に女性週刊誌サイトが報じたものだ。 「会場内は本音とも冗談ともつかない言葉に、一瞬静まり返りまし…

つづきを見る

「相棒」で反町隆史から稲垣吾郎へ交代するためにある障壁とは

テレビ朝日の連続ドラマ『相棒』の“新相棒”に稲垣吾郎の名が挙がっている。以前から名前が挙がっていたが、なかでも東京スポーツなどは《内定》とまで報じており、稲垣の名前の出る頻度が増してきている。 「相棒を決めるのは杉下右京役の水谷豊。現在、相棒は冠城亘役の反町隆史が演じていますが、水谷は反町を起用する際に『われわれは出会…

つづきを見る

視聴率が回復しないドラマ「相棒」は5代目に「あの人」を起用か

人気のドラマシリーズ『相棒』(テレビ朝日系)の出演者が、近い将来に大きく変わりそうだ。 現在、同ドラマは特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が主役のコンビを組んでいる。season1から現在放送中のseason15まで“相棒”として登場したのは反町が4人目だ。 「反町の前の相棒は、芸能界から引退した成宮寛貴さ…

つづきを見る

「相棒」新シーズンに不自然な設定が多い謎

テレビ朝日の人気ドラマシリーズ『相棒』の新しいシリーズ、シーズン15が放送開始された。 初回は2時間の特別編で放送されたが、平均視聴率は15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。前作のシーズン14は初回の視聴率が18.4%だっただけに、大幅に下落している。

つづきを見る

ドラマ「相棒」で反町隆史が続投決定も、絶えない次の相棒の噂

俳優の水谷豊(63)が主演するドラマシリーズ『相棒』(テレビ朝日系)の次作に、反町隆史(42)が続投することが5月19日に決まった。 同ドラマは、新シリーズのseason15を10月より放送開始する。来年春には映画『相棒―劇場版4―』が公開されるが、両作品に反町が出演するようだ。

つづきを見る

ドラマ「相棒」で演技が不評だった反町隆史に代わって「5代目相棒」で起用されそうな女優

ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)のシーズン15が今年10月からスタートする。 現在、相棒の4代目を務めている反町隆史(42)は続投を直訴しているが、不評であったため、新しく5代目の相棒に、ある女優の名前が挙がっているという。

つづきを見る

ドラマ「相棒」の次作は反町隆史の役柄設定変更で不評を巻き返せるか

3月16日にドラマ『相棒14』(テレビ朝日系)の最終回が放送された。同回の視聴率は15.8%で。全20話の平均視聴率は15.3%だった。 当初は、平均視聴率が15%割れをするのではないか見られていたが、かろうじて及第点という形に収まった。

つづきを見る

「相棒」視聴率低迷の戦犯 反町隆史が俳優廃業の危機

ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)で4代目相棒に抜擢された反町隆史(42)が苦境に立たされている。放送が始まった当初こそ、なかなかの評判だったが、回を重ねるごとに視聴率が下がり始め、ついには大台を突破してしまった。 「初回は18.4%の高視聴率でした。しかし、第2話17.6%、第3話14.8%、第4話15.9%、第5話14…

つづきを見る

やっぱり反町隆史に知的役は無理だった! 水谷豊がミスした「新相棒」抜擢

ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の視聴率が芳しくない。新パートナーとなった反町隆史(42)が「ミスキャストでは」という評価さえ出ている。 水谷豊(63)が主演する同ドラマは現在season14を放映中で、今回から新しい相棒役として反町が登場している。 「主人公の杉下右京(水谷)は、東大法学部の出身で警察庁キャリア組ですが…

つづきを見る