大谷翔平

大谷翔平が目指す「二刀流」から「三刀流」への進化

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が、昨季に進化させた“武器”を使って弱点克服に乗り出している。 昨季は投手として2桁勝利を挙げ、打者としても打率3割2分2厘、22本塁打、67打点を記録した。 「昨季は大躍進の1年になりました。指名打者と投手の両部門でベストナインに選ばれるという前例のない受賞の仕方に加えて、…

つづきを見る

大谷翔平のMLB移籍秒読みで焦り始めた「あの人」

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が、1月8日に都内で行われたゲーム大会『パワプロフェスティバル2016決勝大会』にゲストで出席した。 「大谷は日本のプロ野球選手で最も人気があるといっても過言ではないでしょう。常にスポーツ紙の紙面を飾り、この日も子供たちからの多くの歓声を浴びていました」(スポーツライター) …

つづきを見る

投手よりも打者としての評価が高まっている大谷翔平

2016年に投手と打者で大活躍を見せた、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)は、将来的には打者として期待されているようだ。 「あるMLBのチームのスカウティング・リポートでは、大谷はMLBで44本塁打、120打点以上が可能だと報告されています。同時に、10年契約で総額200億円以上の価値があるとも言われています…

つづきを見る

日本最速、パ・リーグMVP、結婚したいスポーツ選手、なんでも総なめにしていく大谷翔平

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が契約更改をし、推定年俸が2億円から2億7000万円に増額した。 大谷は今季、日本プロ野球の投球で最速の165km/hを記録し、パ・リーグのMVPにも輝いた。そして、契約更改の場では来季以降のMLBへの挑戦も容認されたと報じられている。 「あるMLB球団のスカウティングリポー…

つづきを見る

「女子アナ取材お断り」の大谷翔平に唯一接近できる女子アナがいた

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)に関して、11月7日に一部週刊誌サイトが、《女子アナの単独取材厳禁・合コン禁止など徹底隔離》という記事を掲載した。取材を口実に接近したがる女子アナが増えているため、球団が厳重に警戒するというのだ。 「『まいじつ』が真っ先に報じましたが、球団は女子アナのことを“悪い虫”と呼ぶほ…

つづきを見る

大谷翔平は2~3年のうちにポスティング移籍でMLB移籍

アメリカの野球専門誌『ベースボールアメリカ』で、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が大きく取り上げられている。 この時期のアメリカの野球の話題は、MLBのサイヤング賞やシーズンMVPを予想する記事が多くなるのだが、《日本のプロ野球でとても魅力的なことが起こった》とし、大谷が日本最速かつ自己最速を更新する球速1…

つづきを見る

取材と称して大谷翔平に近づく「悪い虫」の女子アナたち

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)の周辺から、「悪い虫がついて困っている」という話が伝わってきた。 大谷に取材をしようとして断られた女性アナウンサーがいるというのだ。どうやら、取材を名目に、私的に大谷と友人関係を構築しようとしているためだという。

つづきを見る

「加齢パン」加藤綾子が大谷翔平にインタビューで公私混同の必死アピール

フリーアナウンサーの加藤綾子(31)が、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)の前で舞い上がり、とても仕事とは思えない状況が垣間見えた。 大谷は、7月15~16日でオールスターゲームに出場。加藤が大谷に取材する場面を『スポーツ LIFE HERO’S』(フジテレビ系)が17日に放送した。

つづきを見る

東京五輪に野球が追加されても大谷翔平は出場できない…?

東京五輪の追加種目に野球とソフトボールが決定したとしても、野球には大問題が起こりそうだ。 2020年の野球日本代表『侍ジャパン』で、投打の中核として期待される大谷翔平(21=北海道日本ハムファイターズ)を、代表に選ぶことができない可能性があるという。

つづきを見る