小久保裕紀

WBC豪戦殊勲打の中田翔「繊細さ」を見抜いた小久保監督の起用

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦で、日本代表『侍ジャパン』はオーストラリアと対戦し、勝利を収めた。 1対1で迎えた七回表の日本の攻撃で、勝ち越し本塁打を放ったのが、北海道日本ハムファイターズの四番打者の中田翔だった。 前回大会には23歳で参加し、当時の野手最年少だった。しかし、今回…

つづきを見る