日本テレビ

嵐・櫻井翔とNEWS・小山慶一郎に付いたキャスターとしての差

一部のスポーツ紙の報道によると、『嵐』の櫻井翔が次のテレビ番組改変期に、ニュース番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のメインキャスターに起用されそうだという。 「いくらテレビ業界が不況だからといっても、櫻井はないと思います。おそらく、スポーツ紙の受け狙いでしょう。櫻井は現在の司会ぶりも評価されておらず、ニュース番…

つづきを見る

ドラマ「東京タラレバ娘」の吉高由里子と大島優子はハマリ役?

女優の吉高由里子が久々に主演をしている連続ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)は、初回の視聴率が13.8%と、まずまずのスタートを切った。吉高は、2014年に放送された朝の連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)以来、2年半ぶりにドラマへの復帰を果たしている。ちなみに、同小説は平均視聴率22.6%という抜群の視聴率を…

つづきを見る

マイク

日本テレビの笹崎里菜アナに「年内部署異動」の情報

昨年の入社の際に話題になった日本テレビの笹崎里菜アナ(24)だが、最近はほとんど名前を聞かなくなっている。 ご存じの読者も多いことだろうが、彼女は同局で採用内定を得たのちに、内定を取り消された。銀座のクラブでホステスをしていた過去が発覚し、日テレがこのことを、女子アナとしての“清廉性がない”と判断したためだった。

つづきを見る

Media interview. Broadcast journalism.

櫻井翔に竹内由恵…報道内容よりキャスター陣で決まるニュース番組の人気

いまニュース番組の生き残りが苛烈になってきている。 民放には午後4時前からニュース番組を放送するテレビ局もあり、時間は拡大する一方だ。だが、ニュース番組の時間が拡大しているのには理由があるという。

つづきを見る

桝太一アナと安住紳一郎アナが「12月に退社」し独立の噂

日本テレビの看板アナウンサーとして活躍している桝太一アナ(34)が、退社して独立するのではないかと、周辺が騒がしくなってきている。 もっとも、桝アナを巡っては幾度となく独立話が報じられ、その度に自らが火消しに奔走し、笑い話にしてきた。だが、今回はこれまでと雰囲気が違うという。

つづきを見る

高市総務相「テレビ局の電波停止」発言にネットで賛同の声

高市早苗総務相(54)の「政治的に公平でない放送局は電波停止」という発言が波紋を呼んでいる。 高市総務相は2月8日の衆院予算委員会で、放送局が政治的に公平であることと、放送法違反を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性について述べた。

つづきを見る

NHK朝ドラヒロイン波瑠と嵐の大野智が4月期ドラマで「W主演」か

NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』のヒロインを務める波瑠(24)の快進撃が止まらない。 「ここ10年間の朝ドラの全話平均視聴率を見ても、吉高由里子主演の『花子とアン』(2014年上半期)が22.6%、杏の『ごちそうさん』(13年下半期)が22.4%、シャーロット・ケイト・フォックスの『マッサン』(14年下半期)21…

つづきを見る

内村光良とバナナマンのバトルで始まった「お笑い界戦国時代」

お笑い界は世代交代の“戦国時代”に突入した。大物、中堅、若手を問わずテレビ各局がシャッフルに取り組んでいるのだ。 そんな中、口火を切ったのが、大物コンビ『ウッチャンナンチャン』の内村光良(51)と中堅コンビ『バナナマン』のバトルだ。 戦場になったのは日本テレビ。同局で『世界の果てまでイッテQ!』、『トリックハンター』、…

つづきを見る

日テレで飛び交う加藤浩次『スッキリ!!』降板と後任MCの名前

視聴率No.1テレビ局の日本テレビが聖域なきコスト削減に着手するという。その一環でテレビ界の耳目を集めているのが、『極楽とんぼ』加藤浩次(46)の“シッポ切り”だ。 10月9日、メーン司会を務める日本テレビ系の朝の情報番組『スッキリ!!』を突如欠席したことでひと騒動起こした加藤。のちに欠席理由が「身内の不幸」として一件…

つづきを見る