未確認生物

SNSで拡散した「悪魔の写真」の正体は?

新年早々、不気味な“悪魔の写真”が世界のオカルトマニアの間で話題になり、SNSで拡散されている。 アメリカのどこかで、霧深いときに撮影されたとされる画像には、デビルマンのようなシルエットが写っている。巨大な人型で両腕には翼が生えているようだ。まさに悪魔の姿を思わせる。 画像を投稿したのはアリゾナ州在住のリチャード・クリ…

つづきを見る

古代生物「オルガズム46-B」がロシアによって生物兵器に!?

南極大陸の海底に14本足の“巨大殺人ダコ”がいるという。体長10mほどで、何にでも変身し、人間を催眠術で操り、50m先から人間を麻痺させる毒を吐く悪魔のタコだ。それを、ロシアのプーチン大統領が生体兵器として利用しようとしているというのだ。 ロシアの北極南極科学調査研究所の探検隊の一員だったアントン・パダルカ博士は、南極…

つづきを見る

アメリカのUMA「シャドーピープル」が小学生を襲った?

アメリカの超常現象研究家のブレントン・ソーウィン氏が先月、アメリカのUMAとされる『シャドーピープル』の写真をユーチューブへ投稿した。 アメリカのどこかの小学校のランチルームで、2名の子供に青い影が襲い掛かっているかのような画像だ。

つづきを見る

ネッシーと同類の未確認生物「チャンプ」の動画が公開されて話題に

ネッシーのような未確認生物(UMA)は世界中で確認されている。日本でも池田湖(鹿児島県)の『イッシー』、屈斜路湖(北海道)の『クッシー』などの存在が噂されている。 同様にアメリカでも、ニューヨーク州とバーモント州の境にあるシャンプレーン湖のUMAが『チャンプ』と呼ばれている。

つづきを見る

米ミシガン州でついに「ビッグフット」撮影に成功か

アメリカのミシガン州でとうとう『ビッグフット』の可能性が濃厚な画像が撮影された。 ミシガン州北西部のアッパー半島の自然公園に設置している監視カメラが、8月17日に録画していたものだ。画像は良好で加工の形跡もない。ただ正面をとらえた画像はなく、後姿のみという点が残念なところではある。

つづきを見る

米オカルトサイトに掲載された未確認生物「海竜」の正体

7月上旬に米国の有名オカルトサイト『パラノーマルエリート』に恐るべき怪物の画像が掲載された。 同サイトでは「いつどこで撮影されたか不明です。未確認生物、つまりUMAだという声もあれば、加工された画像じゃないかという声もある。いったい何だろう?」としている。

つづきを見る

アメリカで未確認生物「ゴートマン」の撮影に成功か

アメリカを代表するUMA(未確認生物)に『ゴートマン』(ヤギ男)というものがいる。ビッグフット、チュパカブラ、ジャージーデビル、モスマンと並ぶアメリカUMA界のスーパースターだ。 そのゴートマンと思われる写真が4月末に撮影されたのだ。

つづきを見る

南米で発掘された身長3mの「巨人ガイコツ」の正体は?

全長3mの巨人の全身骨格の化石が発掘され、研究が進められている。 巨人は、2013年にアマゾン地域のペルーとエクアドルの国境近くで発見されたという。英国の人類学者ラッセル・デメント博士は「現在、ドイツの研究チームが調査しており、巨大化の謎を解明しようと奮闘している」と語る。

つづきを見る