歴史

神戸の名物だった「三大企業」の現在

明治から昭和初期にかけて、神戸を拠点に世界的な総合商社として君臨した『鈴木商店』という会社がある。その鈴木商店は、破綻して約90年になるが、いまも登記上は存在している。会社の実体がなくなって久しいものの、清算は現時点でも終わっていない。 同じ時代の神戸では『山口組』や『本多会』が全国制覇を競い合っていた。現在でも山口組…

つづきを見る

着物_男性04

落語界が「高学歴社会」になりつつある必然的な理由

正月は落語家の噺を聞く機会が多い。そんな落語家たちには、定年退職の制度がない。生涯現役の高齢者比率が高まっており、東京を拠点とする落語家545名のうち、65%にあたる真打(=師匠)が352名と、完全な“逆ピラミッド”の構成になっている。 さらにもう一つ、落語家界に変化が見え始めている。高学歴者が増えているのだ。 「長い…

つづきを見る

誕生50周年を迎える「リカちゃん」人形の歴史

タカラトミーが製造と販売を手掛ける着せ替え人形『リカちゃん』が、今年で発売50周年を迎える。 半世紀にわたって親しまれ、現在も着せ替え人形玩具で売り上げトップを誇るリカちゃん。現在販売されているものは4代目に当たる。 初代が登場したのは1967年で、当時のリカちゃんの髪型は外巻カールの栗色で、ミニスカートをはいていた。…

つづきを見る

NHKに送ったら…なんと!? 小学生の凄すぎる「真田丸」自由研究

物語もクライマックスに入り、益々注目が高まっているNHK大河ドラマ『真田丸』。 『真田幸村』というのは本名ではなく、実は『真田信繁』という名前という事実を知らなかった人も多いのではないだろうか。 歴史上の人物について調べるのは大人でも中々骨が折れるものだが、とある小学生の『真田家』についての自由研究が大変素晴らしいと、…

つづきを見る