清原和博

年末に「入れ墨を消します」と誓った清原和博の近況

昨年の3月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を受けた、元プロ野球選手の清原和博氏。髪を七三に分けて、事件後に初めてテレビ番組へ出演した昨年末放送の情報番組『ニュースキャスター』(TBS系)で、「来年は入れ墨を消します」と話していた。だが、「本当に消すつもりがあるのか?」と疑問の声が挙がっ…

つづきを見る

清原和博が事件後に異例の早さでテレビ出演した理由

2016年2月に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博が、同年末にテレビ番組へ出演した。懐事情が厳しい清原は、関係者が尿検査の結果を持ってテレビ局を回り、ようやく番組出演にこぎつけたのだという。 現在執行猶予中の清原は、12月24日放送の報道情報番組『ニュースキャスター』(TBS系)で…

つづきを見る

清原和博が更生のために「アウトロー人脈」の人間と地元大阪入り

覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博(48)に、東京地裁は懲役2年6カ月、執行猶予4年(求刑懲役2年6カ月)の有罪判決を言い渡した。 大方の予想通り執行猶予付きの判決となり、清原は地元大阪に帰って治療に専念するという。だが、その一方でいまだに薬物関係の噂がある“アウトロー人脈”と関係を断ち切ることが…

つづきを見る

清原被告の裁判終了後に摘発を狙われている「次の大物」の名前

覚せい剤取締法違反容疑で逮捕、起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)の初公判が5月17日に東京地裁で開かれる。 公判が順調に進めば、即日結審もあるとみられている。そして、清原被告の裁判が終われば、捜査当局は“次の大物”の摘発を狙って本格的に動き出すという。

つづきを見る

清原被告は実刑判決が濃厚? 執行猶予の付かない根拠

覚せい剤取締法違反で起訴された清原和博被告(48)の初公判が、5月17日に行われる。 1年間に1万件以上も起きている覚せい剤関連事件数を考えると、清原容疑者が有名人であるということ以外、変わったところはない。初犯であることも考慮され、大方の予測では執行猶予が付くとされていた。 だが、ここにきて、実刑になるのでは? との…

つづきを見る

清原和博と26歳年下のハーフ美人女子大生ホステスが破局

覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された元プロ野球選手でタレントの清原和博被告(48)は、5月17日の初公判に向けて体力作りに専念しているという。 そして、その社会的地位を失った清原被告の心の支えになっていたとされる交際相手のハーフ美人女子大生M子さん(22)が、ホステスを引退していたことが関係者への取材で明らかになった。

つづきを見る

清原覚せい剤事件で警視庁が内偵捜査する「5名」

覚せい剤取締法違反で逮捕と起訴をされた、元プロ野球選手でタレントの清原和博被告(48)に関する捜査を終了した警視庁組織犯罪対策5課が、引き続き内偵捜査を進めていることが本サイト『まいじつ』の取材で明らかになった。 いずれも清原被告に関連した人物で、人数は5名。逮捕を視野に入れているとみられる。

つづきを見る