犯罪

「マトリのエース」逮捕が巻き起こす年末年始の捜査加熱

12月8日、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(通称:マトリ)に所属する奥村憲博捜査官(46)が、ライバルにあたる警視庁組織犯罪対策5課(組対5課)に虚偽有印公文書作成・同行使容疑で逮捕された。 奥村捜査官が、抱えていた情報協力者の名前を使って供述調書を勝手に作成し、別の薬物案件の捜索令状を違法に請求した疑いだ。 「こ…

つづきを見る

日経社員のハッキング被害にあった女性芸能人は誰だ?

11月1日に入籍したタレントの押切もえ(36)と、プロ野球の千葉ロッテマリーンズに所属する涌井秀章投手(30)が、プライベート画像と動画の流出危機に瀕しているという。 発端は、11月30日に不正アクセス禁止法違反などの容疑で、日本経済新聞社デジタル編成局の社員(29)が逮捕されたことだ。同容疑者は芸能人らのSNSやクラ…

つづきを見る

Asian woman wearing jeans with Cash

誰もが知ってるあの有名企業社長の買春疑惑が発覚

誰もが知る東証1部上場企業のA社の社長に“買春疑惑”が噴出し、関係者を中心にその話題が広がりを見せている。 「情報の発信源は、A社がよく利用していたホテルです。A社の社長は定期的に“ワイン会”と称して友人たちと懇親会を開いていました。そこへコンパニオンを呼んで、気に入った女性を同ホテルの一室に”お持ち帰り”していたので…

つづきを見る

男が女子大生の部屋に不法侵入した事件で分かった合鍵ネット通販の恐怖

9月に愛媛県松山市内の女子大学生(20)の住むマンションの一室に、合鍵を使って侵入したとして、住居侵入容疑で愛媛大医学部付属病院の契約職員の男性(44)が、愛媛県警に逮捕された。 容疑者は、侵入直後に帰宅した大学生と部屋で鉢合わせとなり、慌てて逃走。翌日に県警へ自首して逮捕された。「女性の私生活が見たかった」と供述した…

つづきを見る

前田敦子だけじゃない芸能人なりすましメール事件

先日、前田敦子(25)らのマネジャーになりすまして出会い系サイトに誘導し、客から金をだまし取っていた詐欺容疑で、警視庁がソフトウエア開発『フリーワールド』の専務の男性(38)を逮捕していたことが明らかになった。 この事件の発端は、2013年に出会い系サイト運営会社『ウイングネット』が摘発されたところまでさかのぼる。

つづきを見る

麻原彰晃の三女アーチャリーがオウム事件判決の「国策裁判」ぶりを批判

192名が起訴されたオウム真理教(現アレフ)裁判は、昨年4月30日、17年間の逃亡の末逮捕された最後の被告人、高橋克也被告(58)に対して東京地裁が無期判決を言い渡したことですべての一審審理を終え、司法の場においてのオウム裁判は一応終結した。

つづきを見る

強姦致傷で逮捕された高畑裕太の常軌を逸したエピソードの数々

紫綬褒章受章女優でもある高畑淳子(61)の長男で、俳優の高畑裕太容疑者(22)が、映画の撮影のために宿泊していた群馬県前橋市内のビジネスホテルの40代女性従業員に暴行したとして、8月23日に強姦致傷の容疑で群馬県警に逮捕された。 高畑裕太容疑者は取り調べに対し、犯行を認めているが、計画性に関しては否定しているという。

つづきを見る

高知東生が「暴露本」の出版準備を始めて元妻の高島礼子が危機に

女優の高島礼子(52)が芸能活動の危機に瀕している。 6月24日に覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕され、7月29日に保釈、8月1日に離婚をした元夫の高知東生被告(51)が、裁判後に夫婦生活を洗いざらい告白し、懺悔する本を執筆する話が進んでいるというのだ。

つづきを見る