玩具

昭和の子供たちがゲテモノを通して学んだこととは?

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル6【ゲテモノ当て】~ 3月5日は『啓蟄』です。大地が温まり、冬眠をしていた虫やらカエルやらヘビやらがわらわらと出てくる、とされている日です。一般的には“気持ち悪い”と忌み嫌われている彼ら“ゲテモノ”たちが活躍したのは、昭和のちびっこたちのイタズラグッズとしてでした。 彼らは全国の…

つづきを見る

ひな壇よりもずっと大切なものが描かれた玩具

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル5【ひな壇飾りの駄玩具】~ もうすぐ、女の子が子供のころに一番待ち遠しかった日…『桃の節句』です。 家に立派なひな壇があって、お母さんがひな壇にお人形を飾るのをワクワクしながら手伝ったという人は、田舎の旧家出身の人くらいなものではないでしょうか? 少なくとも都会で育った私の周りに…

つづきを見る

シュール過ぎる昭和の「ジョークグッズ」

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル4【ヌードスパイダー】~ 疲れ気味の脳ミソを癒してくれる、ゆる~い感じの“懐かしグッズ”。そんなクールな、これぞ“元祖クールジャパン”ともいうべきものを再検証する連載がスタートしました。 前回の『ラブテスター』に引き続き、第4回は『ヌードスパイダー』です。 さて、“義理と人情”の…

つづきを見る

「好きか嫌いか知りたい…」ときに役立った昭和の秘密兵器

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル3【ラブテスター】~ 疲れ気味の脳ミソを癒してくれる、ゆる~い感じの“懐かしグッズ”。そんなクールな、これぞ“元祖クールジャパン”ともいうべきものを再検証する連載がスタートしました。 第1回『タヌキの貯金箱』、第2回『暖炉を設えた部屋のプラモデル』に続く今回は『ラブテスター』です…

つづきを見る

価値観と時代の差を感じる一風変わったプラモデル

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル2【暖炉を設えた部屋のプラモデル】~ 疲れ気味の脳ミソを癒やしてくれる、ゆる~い感じの“懐かしグッズ”。そんなクールな、これぞ“元祖クールジャパン”ともいうべきものを再検証する連載がスタートしました。 前回のタヌキの貯金箱に引き続き、第2回は『暖炉を設えた部屋のプラモデル』。まだ…

つづきを見る

誕生50周年を迎える「リカちゃん」人形の歴史

タカラトミーが製造と販売を手掛ける着せ替え人形『リカちゃん』が、今年で発売50周年を迎える。 半世紀にわたって親しまれ、現在も着せ替え人形玩具で売り上げトップを誇るリカちゃん。現在販売されているものは4代目に当たる。 初代が登場したのは1967年で、当時のリカちゃんの髪型は外巻カールの栗色で、ミニスカートをはいていた。…

つづきを見る

シンガポールで人気沸騰の「けん玉」!ママも絶賛の理由

日本の伝統的な玩具の『けん玉』が、欧米を中心に、『Kendama』として世界の注目を集めるようになった。そして現在は、東南アジアのシンガポールでブームに火が付き、人気沸騰中だという。 シンガポールの東急ハンズや百貨店の玩具売り場では、1個約3000~1万円で販売されている。けん玉の材質も、ブナ材、くるみ材、そして高級な…

つづきを見る