生活

専業主婦に憧れる若い女性に待っていそうな「落とし穴」

最近、20代の女性と話をすると「結婚したら仕事をやめて専業主婦になりたい」という声をちらほらと聞く。年収800~1200万円の夫を持つ、いわゆる『Mart妻』が憧れという人も多い(『Mart』は2004年に光文社から創刊された生活実用情報誌)。 家計は夫の収入でやりくりし、基本は専業主婦として生活をする。自分の収入は趣…

つづきを見る

自宅に「神棚」で運気アップ!手作りで簡単な方法も

「部屋が汚いと運気が下がる」 こんな話を聞いたことがある人も多いだろう。何より部屋が汚いと気分が落ち込んだり、なかなかやる気もでなかったりする。 そこで、部屋をキレイに片付けたら、一歩進んで『神棚』を作り、さらに運気をアップさせよう! ミリオンセラー『人生がときめく片づけの魔法』の著者である近藤麻理恵さんも、自宅には神…

つづきを見る

「○○ポイント受け取れます」という電子マネーポイント付与の罠

電子マネーが急速に普及し、いまや現金を持たずに買い物や旅行に行ける時代になった。お金を使うことについては便利になる一方だが、貯金はいつの時代も楽にする方法がない。 そのため、お金の“入り口”に関してはデジタルで問題ないのだが、支出である“出口”に関しては、現金払いのアナログを維持しておいた方が無難といえる。 現在の電子…

つづきを見る

calculator with the word discount

不動産売買の「仲介手数料」は値引き交渉可能と知っていますか?

ドイツ人は日本人を不思議に思うそうだ。「たかが持ち家に、なぜあんなに金銭的に苦しむのだろう」と…。 欧州でも家は賃貸が主流だが、それでも日本人はマイホームを“夢”だと思い込まされてきたので、いまさら逆の発想はしにくい。春先になると不動産市場は、マイホームを求める人々を狙って活発に動き出す。 消費者が高いと感じるのは物件…

つづきを見る

2017年はシルクのアイテムで運気UP!ラッキーカラーと合わせよう

最近、何となくついていない、元気が出ない、調子が悪い…、というときに、ちょっとした“げん担ぎ”におすすめなのが風水。 金運アップや自分がなりたい自分になるなら黄色、勝負運をよくしたいなら青色といったように、風水には色にさまざまな意味がある。特にラッキーカラーを身に付ければ相乗効果も期待できる。派手な色でも、ポーチやバッ…

つづきを見る

子育ての悩み「学資」をうまく貯めるコツ

2015年の日本の出生率は1.46で、2年ぶりに上昇した。2014年に比べ0.04上回り、1994年の1.50以来の、21年ぶりに高い水準だといわれる。しかし、少子化に歯止めがかかったとはいい難い。 夫婦が子供の出産をためらう理由の一つに、子育てにかかる費用が挙げられる。AIU保険会社『現代子育て経済考』の2005年度…

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内⑤「実践編」

鎌倉在住で都内に通勤している人が、よく聞かれることに次のようなものがあるという。 「鎌倉で古民家に住みながら東京に通勤するのは大変でしょう。実際はどんな感じなの?」 今回は古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人に役立つエリア案内の番外編として、そのあたりの答えをまとめてみた。ぜひとも参考にしていただきたい。   …

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内④「山際後編」

  古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人に役立つ、旧鎌倉地区(大船・北鎌倉・七里ガ浜以西を除く鎌倉市東部)のエリア案内。今回は山ぎわエリアの後編。JR鎌倉駅から一番遠い十二所や江ノ電沿線の極楽寺、稲村ガ崎、さらには旧鎌倉地区を外れるが、一部で非常に人気が高い鎌倉山エリアもあわせてご紹介しよう。   十二所 鎌倉…

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内③「山際前編」

古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人に役立つ、旧鎌倉地区(大船・北鎌倉・七里ガ浜以西を除く鎌倉市東部)のエリア案内。海近エリア、街中エリアときたので、今回は山ぎわエリア紹介の第1弾。鎌倉は山に沿った住宅地の方が多いので、山ぎわは2回に分けてご案内する。   扇ガ谷 横須賀線の鎌倉駅と北鎌倉駅のあいだの線路をまた…

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内②「街中編」

古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人に役立つ、旧鎌倉地区(大船・北鎌倉・七里ガ浜以西を除く鎌倉市東部)のエリア案内。前回の海辺編に続く今回は鎌倉駅を囲む街中エリアをご案内しよう。   小町 JR鎌倉駅や小町通り、若宮大路の段葛を含む商業地だ。一歩路地を入ると静かな住宅地になるのは、いかにも鎌倉らしい。そんな好立…

つづきを見る