社会問題

「シェールガス」は日本のエネルギー市場に革命を起こせるか?

東日本大震災から6年が過ぎた。事故を起こした福島第1原発の現状については、いまだに詳細が分からない状況だ。 世論調査を見てみると、国民の過半数が原発の再稼動に反対している。しかし、原発が必要だとする意見も少数ながら一定数あり、その根拠としては「再生可能エネルギーは原発の代わりにならない」、「石油・天然ガスは高いので電気…

つづきを見る

口コミサイトに蔓延する「報酬付き」レビューの相場が明らかに

各情報サイトや通販サイトのレビューや口コミには嘘や過大な広告のようなもの、さらにはネタのような投稿まで、さまざまな真実ではない情報が氾濫している。なぜこのような状態になっているのだろうか? ネタで埋め尽くされる大手ネット通販サイトのレビュー欄 大手通販サイトでは、販売されている商品に対してユーザーがレビューを書き込むこ…

つづきを見る

基本 CMYK

いかがわしい事件でよく耳にする「迷惑防止条例」とは何か

撮影と盗撮の違いはどこで線引きされているのだろうか。ある実際にあったケースから考えてみよう。 京都府警は野球場でチアリーダーの女子大学生を盗撮した疑いで先月、迷惑行為防止条例違反で、大阪府茨木市の50歳の会社員男性を書類送検した。会社員は「チアリーダーに性的興味があった」と容疑を認めているという。 報道によると、大学野…

つづきを見る

「不動産=資産」という持ち家信仰はもはや誤り

“夢のマイホーム”、“人生最大の買い物”――。これらの言葉は、日本人に染み付いた不動産信仰を端的に表している表現だが、あくまでも業界側から発せられたキャッチコピーにすぎない。 一戸建ての購入を考える30代は働き盛りで元気だ。しかし、子供が独立してからは夫婦ふたりでの暮らしになるとか、体が動かなくなって掃除や炊事もままな…

つづきを見る

訪日外国人患者の「医療費踏み倒し」で病院がピンチ

外国人観光客が医療費を未払いにしたまま帰国する問題が相次ぎ、病院が悲鳴を上げている。関係者は、「食い逃げは逮捕されるのに、医療費の踏み倒しは許されるのか」と憤りを隠していない。 空港近くの、とある医療センターに来院する人は、大半が急患だ。しかし、未納となる人は旅行保険に加入しておらず、クレジットカードも持っていないこと…

つづきを見る

集団強姦に大麻吸引やヤクザとの癒着…医師が目立つ事件の数々

恐喝事件で実刑が確定した暴力団組長の健康状態について、京都府立医科大学付属病院が虚偽の診断書を作成したとされる問題が波紋を呼んでいる。 京都府警は2月14日、虚偽公文書作成容疑などで同病院を家宅捜索した。指定暴力団山口組系淡海一家総長の高山義友希元被告の刑の執行停止を手助けするために、虚偽の診断書を作成したとされる。 …

つづきを見る

生活保護制度を悪用して裕福な生活を送る外国人が急増

アジア諸国において、日本の物価はトップレベルに位置している。その一方で、福祉も充実している恵まれた国家だ。経済大国であり福祉国家でもある日本という国は、アジア近隣諸国のなかで、いまも“黄金の国ジパング”と羨望の的になっている。 それと同時に、“日本の恩恵”にあずかろうとする者も少なくない。 「残留孤児縁戚者の多い中国東…

つづきを見る

海外で重宝される「ジビエ料理」はなぜ日本で定着しないのか?

森林に入り、高い狩猟技術のもと、野生動物を増やさず絶やさず生態系を保ってきたハンター。この猟銃を持ったハンターそのものが“絶滅”の危機に瀕している。 1970年代には、狩猟免許の保持者が50万人を超えていた。だが、いまやその人数は十数万人しかいない。年齢比率を見ても、1970年代には60歳以上が約5%しかいなかったが、…

つづきを見る

自衛官や鉄道員に学生も…増え始めた制服にまつわる問題

昨年、JR東日本と西日本が発注する従業員の制服の納入で、談合を繰り返していた疑いがあると、公正取引委員会(公取委)は、独占禁止法違反容疑で、百貨店大手の大丸松坂屋百貨店と三越伊勢丹、そごう・西武、総合商社の伊藤忠商事など9社を摘発した。 公取委から談合を指摘されたのは、JR東西両社に勤務する運転士や駅員、客室乗務員らの…

つづきを見る

勉強しないと損をする「新配偶者控除制度」

昨年12月に政府によりまとめられた、『平成29年度税制改正大綱』の目玉とされるのが『配偶者控除』だ。 当初は財務省と自民党税制調査会から、配偶者控除の廃止と夫婦控除の創設の案が出ていた。しかし、慎重論の浮上によって、“配偶者控除の拡大”と“高所得者の増税”に変更された。改正により、新配偶者控除は複雑になり、すぐに理解で…

つづきを見る