社会問題

アンケート調査で判明した日本の若年層の「学歴・肩書主義」

若年層になるほど保守傾向が進み、学歴・肩書を尊重する――。今年は18歳の選挙権が始まった歴史的な年だが、彼らが示した意思は、野村総研研究所が昨年発表した日本の10代の若者についての『生活者1万人アンケート調査』のなかで、すでに浮き彫りとなっていた。 この調査は、1997年より3年ごとに15~79歳の男女1万人を対象に生…

つづきを見る

大流行の兆しを見せるノロウイルスの効果的な予防策は?

ノロウイルスがここ近年では最大に近い猛威を振るっている。例年より1カ月ほど早い11月中旬から、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者が急増し、最近で最も流行した2012年の感染者数をしのぐ勢いだ。感染を防ごうと、各地の自治体が餅つき大会を中止する騒ぎにまで発展している。 ノロウイルスの歴史は、半世紀前にさかのぼる。1…

つづきを見る

自動車整備士不足でやってくる車検のできる工場の不足

2016年はアクセルとブレーキの踏み間違い、高速道路の逆走など、自動車運転で高齢者のドライバーを中心とした誤認事故が多く目立った。国土交通省や自動車メーカー、その関連企業は、事故防止装置の開発や、運転免許返上などによって事故防止に努めている。しかし、もっと大きな別の問題も差し迫っている。それは自動車の安全に欠かせない自…

つづきを見る

ブラック企業大賞受賞の電通が「合コン禁止令」を発布

『ブラック企業大賞2016』の大賞に電通が選ばれた。同社は改革本部を設置し、異常な時間外業務や残業の一因とされている社員の心得“鬼十則”を社員手帳から削除するなどの改革に乗り出している、 だが、その改革のなかに、部署によっては“合コン禁止”という項目があるといる。 「12月28日に役員らが労働基準法違反の疑いで書類送検…

つづきを見る

「私には…あなたしかいないのです」犬の十戒が飼い主に伝える10のメッセージ

11月1日がどんな日か、知っているだろうか? 「ワン、ワン、ワン」という犬の鳴き声にちなんで、1987年に『社団法人ペット協会』によって犬の日と定められた記念日である。 犬の飼育頭数は近年減少傾向にあるが、犬の飼育世帯は全世帯の15%と推計されている(2013年ペットフード協会調べ)。 しかしペットブームが続く一方で、…

つづきを見る

アナタの会社は大丈夫? 日本企業に蔓延する「悪しき因習」4つ

良い企業で働きたい。これはみんなが等しく思うことだ。しかし現実は中々に厳しく、例えば残業で定時に帰れない。嫌味な上司がいる。この辺りは程度の差こそあれどこの会社でもあるかもしれない。 だが、下記に列挙してゆく”日本企業の悪しき因習”が当てはまる企業となるといかがだろうか? 職場の掃除やお茶くみが女性社員の義務 50年ぐ…

つづきを見る

電通の「ブラック企業大賞」受賞を大きく取り上げたメディアは…

『ブラック企業大賞2016』の大賞に、広告代理店の電通が選ばれた。今年はドン・キホーテ、関西電力、佐川急便などの有名企業を含む10社がノミネートされるなかで、電通はワースト企業として不名誉な烙印を押されたことになる。 ブラック企業大賞は2012年から毎年選考され、今年で5回目。日常的に労働相談に取り組んでいる弁護士や市…

つづきを見る

「ヌーハラ」以外にも続々と生み出されているハラスメント

先ごろ“ヌーハラ”という言葉が話題になった。ヌーハラとは“ヌードル・ハラスメント”の略で、日本人がラーメンやそばなどをすする音が、外国人にとっては不快だという話だ。 「あるツイッターアカウントが発信源のようで、そのツイートでは日本での食べ方に否定的な主張が展開されていました。それを受けてSNSでその是非が論じられ、テレ…

つづきを見る

ドクターXで大門が言った「私、バイトなので」の台詞の深い意味

10月期のテレビドラマは『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が、12月8日放送の第9話の平均視聴率で22.6%と、2位以下を5%以上も引き離して圧倒的な人気ぶりだ。 しかし、米倉涼子(41)扮する女医の大門のある台詞が波紋を呼んだ。 大門の決め台詞は「私、失敗しないので」。しかし12月8日放送の大門はい…

つづきを見る

畑が荒らされる「獣害」がひど過ぎてオオカミを放つ計画が進行中

野生のシカやイノシシが、畑の作物や植林の樹皮を食い荒らすことに頭を悩ませている地域で、駆除の切り札として、海外から輸入したオオカミを野に放つ計画が浮上している。 福岡県添田町では、住民グループなどが10月23日に、聴衆200名を集めて『オオカミフォーラム』を開催した。そこで演壇に立った添田町役場の担当者はこう訴えた。 …

つづきを見る