経済

Beer bottles on the conveyor

政府の減税案に冷ややかな視線を送るビール業界

自民党と公明党が12月8日に公表した税制改正大綱において、現在3つに分かれているビールなどにかかる酒税を、55円程度に一本化することが盛り込まれた。日本製ビールの国際競争力を高めるためというのが理由だが、業界のみならず消費者からも、疑問の声が挙がっている。 日本のビール類は、原料や製法によって『ビール』、『発泡酒』、『…

つづきを見る

23区内で荒川区だけスタバがない理由と「コーヒー戦争」の行方

スタバこと『スターバックスコーヒージャパン』が、47都道府県で唯一出店のなかった鳥取県に出店したのが2015年5月のこと。日本上陸20年目で全国制覇を達成し、鳥取では開店前からおよそ1,000名が列を作るなど、大きな話題になった。 全国に出店を果たしたスタバだが、最も出店数が多いのは東京都で、その数は約300店に上る。…

つづきを見る

2017年秋から始まる法律「ワイン法」ってなんだ?

日本で来年10月30日から、『ワイン法』が適用開始されることになった。世界のほとんどのワイン産出国では、生産地域、使用できる品種、栽培法など細かく規定された同様の法律がある。なぜいま日本で、この法律が適用されることになったのだろうか。 「日本ではこれまで、何がワインなのかが明確に法律で定められていませんでした。これまで…

つづきを見る

中国人民銀行が「爆買い」をストップさせる措置を実施

中国人民銀行と中央銀行監査委員会は12月20日に、『銀聯カード』の新規発行を停止すると発表した。銀聯カードとは、いわゆる“デュアル・カレンシーカード”(国内外通貨建て)で、中国国内で買い物ができ、さらに日本など海外でも使える。つまり、中国人の“爆買い用カード”なのだ。これによって、中国人観光客による日本での買い控えが、…

つづきを見る

GAPが長引く経営不振から4年で弟分ブランドを日本全面撤退へ

大規模製造小売業チェーンとして一世を風靡し、『ユニクロ』が手本としてきたとされる『GAP』が世界規模の販売不振に陥っている。 日本上陸は1995年。旧・銀座阪急に初出店し、それ以来2005年には高価格帯の『バナナリパブリック』、2012年には低価格帯の『オールドネイビー』で日本のファッション市場をリードしてきた。しかし…

つづきを見る

店頭に並び密かに注目を集める「高機能野菜」とは何か?

  2016年4月より、『機能性表示食品制度』がスタートした。 特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品と並ぶ保健機能食品の1つに位置づけられており、《国の定めるルールに基づき、事業者が食品の安全性と機能性に関する科学的根拠などの必要な事項を、販売前に消費者庁長官に届け出る》ことによって食品の安全性と機能性に関する表示を…

つづきを見る

手芸用品の「ユザワヤ」が店舗増路線から一転して閉店ラッシュへ

大型手芸用品店『ユザワヤ』の閉店が相次いでいる。 ユザワヤは『ユザワヤ商事』が運営する手芸用品小売り業態で、全国に60店舗を展開している(2016年10月末現在)。ユザワヤは創業から2000年ごろまでの約50年間、主婦が住む郊外の駅前立地を中心に、3000坪クラスの大型店を構えるケースが多く、店舗数も6店舗ほどと、比較…

つづきを見る

浅田真央愛用寝具「エアウィーヴ」がベンチャー企業世界大会の日本代表に選出!

画期的なイノベーションの95%はベンチャーから生み出されるといわれている。日本でも、古くはソニーやホンダ、近年ではソフトバンクやHISといった日本を代表するリーディングカンパニーは、いずれもベンチャーから大手へと成長した企業だ。 米フォーブス誌が毎年発表する、世界のトップ2000社に入っている企業は、アメリカ466社に…

つづきを見る

北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰

スーパーマーケットで一世を風靡した『ダイエー』がイオングループの子会社になって、まもなく2年が経とうとしている。そんななか、かつてダイエーが運営していたスーパー『TOPOS(トポス)』の最後の一店舗『TOPOS北千住店』(東京都足立区)が11月14日に閉店した。 TOPOS北千住店の歴史は古い。 「1969年に中国地方…

つづきを見る

薄利多売体質に陥った飲料業界で誕生する「コカコーラ&キリン連合」の多難な前途

  4兆円以上といわれる国内の清涼飲料水市場で、大手2社が協力への動きを見せている。業界首位のコカ・コーラグループと4位のキリンホールディングス(HD)が、資本業務提携を検討していると発表したのだ。 飲料業界には多数の企業が参入し、各社ともに次々と新商品の投入している。同時に薄利多売に陥り、利益率の低さも課題となってい…

つづきを見る