経済

ドラッグストア(撮影許可取得済み)

コンビニの競合相手にドラッグストアが急成長中

これまでは商圏も商品構成も違うことから競合関係になかったコンビニエンスストアとドラッグストアだが、コンビニ業界はすでに、ドラッグストアがコンビニ市場を侵食し始めていると厳戒態勢に入っている。 コンビニはすでに全国で5万店を超え、市場規模も10兆円に達した。対するドラッグストアは、2013年度の経産省調査によると、全国に…

つづきを見る

「女性が美しく存在するため」に資生堂が保育園事業に参入へ

化粧品大手の資生堂が、保育園運営を手掛けるJPホールディングスと2017年1月に合弁会社を設立し、保育園事業に参入する。 2017年秋に第1号施設となる『カンガルーム掛川』を資生堂の掛川工場(静岡県)内に設置するが、入園対象は0歳児から小学校入学前の乳幼児で、50名程度を受け入れる予定だという。 「新会社の持ち株比率は…

つづきを見る

supermarket

統合から間もなく2年が経過も一筋縄ではいかないイオンと旧ダイエーの店舗運営

大型ショッピングセンターを全国展開するイオンが、旧ダイエーの“イオン化”に手間取っている。 イオンは、赤字だったダイエーを2015年1月に完全子会社化している。食品スーパーはダイエーとして存続させる一方で、総合スーパー(GMS)店舗を相次いでイオン店舗に改装してきた。 10月5日にイオンが発表した、2017年2月期の中…

つづきを見る

カーボン素材に代わる次世代素材は「植物」と「カニの殻」

非常に高価な材料物質で知られる『炭素繊維(カーボンファイバー)』の次世代“後継者”として、『セルロースナノファイバー』が注目されている。 強度は鋼鉄の5倍で、重さは1立方cm当たり鋼鉄の5分の1という軽量さが注目されており、しかも植物由来なので手に入れやすく環境にもやさしいことが特徴だ。

つづきを見る

百貨店の大量閉店で起きる高級ブランドと化粧品への大打撃

三越伊勢丹は、三越千葉店(千葉県千葉市)と多摩センター三越(東京都多摩市)が来春に閉鎖すると発表した。そごう・西武もそごう柏店(千葉県柏市)を9月30日に閉鎖したのに続き、西武筑波店(茨城県つくば市)と西武八尾店(大阪府八尾市)を来春に閉鎖することを発表している。 関連業界は、これからも百貨店の閉鎖は続くと見ており、今…

つづきを見る

吸収と合併が頻発し始めたコンビニ業界は三井物産vs三菱商事vs伊藤忠商事の代理戦争

コンビニエンスストアの商品構成をしているのは、コンビニを運営している会社ではない。商社だ。 流通グループ企業は現在、セブン&アイは三井物産、イオンは三菱商事から出資を受けている。ユニー・ファミリーマート連合には伊藤忠が出資しており、食品スーパー大手のライフやオーケーなどにも三菱商事が出資している、という構造だ。

つづきを見る

「イトーヨーカ堂の中のニトリ」と「ニトリの中のイトーヨーカ堂」それぞれの思惑

イトーヨーカ堂の親会社であるセブン&アイホールディングスは、10月に2016年度上半期の決算発表を行うのに合わせて、今後のグループ戦略の方向性を発表する予定だ。 そのなかで、ニトリの店舗内にイトーヨーカ堂を出店する計画があるという。これまで、ニトリがイトーヨーカ堂の店舗内に出店したことはあったが、逆にヨーカ堂がニトリの…

つづきを見る