薬物

年末に「入れ墨を消します」と誓った清原和博の近況

昨年の3月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を受けた、元プロ野球選手の清原和博氏。髪を七三に分けて、事件後に初めてテレビ番組へ出演した昨年末放送の情報番組『ニュースキャスター』(TBS系)で、「来年は入れ墨を消します」と話していた。だが、「本当に消すつもりがあるのか?」と疑問の声が挙がっ…

つづきを見る

ASKAが告白本で明かす「組織」の名と「あの女優」との交際

覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されるも、不起訴処分になった歌手のASKAが、1月18日にブログを更新した。そのなかで、2度目の逮捕や尿検査について記した告白本のタイトルや発売日を明かしている。 ASKAのブログには次のような記述がある。 「700番2巻3巻」の発刊は、2月17日で間違いありません。 僕も、今、知りま…

つづきを見る

成宮寛貴がまもなく帰国との噂に動き出す関係者たち

写真週刊誌『フライデー』でコカイン使用疑惑を報じられ、芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴に「帰国のタイミングが近い」という情報が入ってきた。 「ベトナムや台湾、タイ、マレーシアなど東南アジア諸国を転々としていると聞いています。ビザの有効期限から推察すれば3月上旬の可能性もありますが…、いずれにせよそろそろだとみられていま…

つづきを見る

清原和博が事件後に異例の早さでテレビ出演した理由

2016年2月に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博が、同年末にテレビ番組へ出演した。懐事情が厳しい清原は、関係者が尿検査の結果を持ってテレビ局を回り、ようやく番組出演にこぎつけたのだという。 現在執行猶予中の清原は、12月24日放送の報道情報番組『ニュースキャスター』(TBS系)で…

つづきを見る

The way to win.

プロ野球のドーピング検査強化にお門違いの恨み節が多数

日本プロ野球機構(NPB)は、2017年よりドーピング検査を強化することを発表した。従来の尿検査に加え、来季からは血液検査も実施する。これによって、世界アンチドーピング機関(WADA)の検査基準に準拠することになる。これは、東京五輪で野球とソフトボールが追加種目になったことが影響しているとみられる。 「これまではNPB…

つづきを見る

「マトリのエース」逮捕が巻き起こす年末年始の捜査加熱

12月8日、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(通称:マトリ)に所属する奥村憲博捜査官(46)が、ライバルにあたる警視庁組織犯罪対策5課(組対5課)に虚偽有印公文書作成・同行使容疑で逮捕された。 奥村捜査官が、抱えていた情報協力者の名前を使って供述調書を勝手に作成し、別の薬物案件の捜索令状を違法に請求した疑いだ。 「こ…

つづきを見る

ASKA釈放から見える警視庁と厚労省の薬物捜査の失態ぶり

11月28日に覚醒剤使用容疑で警視庁組織犯罪対策5課(組対5課)に逮捕された歌手のASKA(58)が、12月19日に嫌疑不十分で不起訴処分となって釈放された。その後、「あらかじめ用意していたお茶を尿の代わりに(採尿カップに)入れた」と説明しているが、尿鑑定で陽性反応が出ていたのになぜ? と思った人は少なくないだろう。 …

つづきを見る

芸能界引退直後なのに浮上してきた成宮寛貴氏の復帰プラン

コカイン疑惑報道がきっかけとなり、芸能界からの引退発表をした元俳優の成宮寛貴氏(34)に、早くも復帰のプランが持ち上がっている。しばらく一般人として身を潜め、ほとぼりが冷めたころに芸能界に戻ってくるというのだ。 写真週刊誌『フライデー』は、成宮氏がコカインや大麻などの違法薬物に手を染めていたという疑惑を、現場写真や音声…

つづきを見る

成宮寛貴が海外へいたとしても警察は居場所を把握できている

写真週刊誌『フライデー』によるコカイン吸引疑惑の報道を受けて、芸能界からの引退を発表した成宮寛貴(34)に関する騒動は、まだまだ収まる様子を見せない。 「海外へ向かったという成宮ですが、警察はしっかりとマークしています。もちろん成宮を告発した人物もろとも追跡できています」(警察関係者) 警察は、もはや追跡に人数をかけな…

つづきを見る

成宮寛貴が反故にしたドラマやCMの損害はいったいどうなるのか?

違法薬物使用疑惑の報道をきっかけに、芸能界から引退を表明した俳優の成宮寛貴(34)だが、その影響は予想以上に大きいようだ。 来年1月からスタートする連続ドラマ『就職家族』(テレビ朝日系)は、急きょ成宮の出演部分をすべて差し替えることになり、代役には渡辺謙の息子、渡辺大が務めることが発表された。すでに3話まで成宮で撮影済…

つづきを見る