鉄道

人気が再燃しているアイドル系の鉄道プリペイドカード

JRと私鉄のプリペイドカードに、アイドルをデザインしたものが相次いで発売され、ファンや鉄道マニアから注目を浴びている。 アイドルのカードといえば、かつてはNTTの『テレホンカード』やJRの『オレンジカード』が定番だった。そのオレンジカードは2013年に発売を終了し、それに代わって登場した現在の鉄道系カードは、『スイカ』…

つづきを見る

再生計画によって買物以外の利便性も急上昇している東京・日本橋

東京の日本橋&京橋エリアは“日本橋再生計画”が進められている。この計画は、5つの街区をひとつの都市再生特区にする再開発事業で、2004年にオープンした『COREDO日本橋(日本橋1丁目ビルディング)』を皮切りに、2014年2月には『室町古河三井ビルディング』と『室町ちばぎん三井ビルディング』が開業。昨年3月には『COR…

つづきを見る

松本伊代と早見優の線路侵入が謝罪会見を開く大問題になった理由

80年代にアイドルとして活躍し、現在はタレントとして人気の松本伊代と早見優が、テレビ番組のロケで訪れた京都市内で、JRの線路に無断で侵入して写真撮影を行い、松本がブログに写真をアップして批判が殺到した。この一件で京都府警は2月10日に、無許可で線路内に立ち入った鉄道営業法違反の疑いで、二人を書類送検した。 今回両者がこ…

つづきを見る

引退する東京メトロ銀座線「01系」のおすすめ見納めスポット!

今年開業90周年を迎えた東京メトロ銀座線(浅草―渋谷14.3km)から、昭和時代に活躍した車両が姿を消そうとしている。 銀座線には『01系』と『1000系』という2種類の車両が走っていて、01系は1983年に旧型車のフルモデルチェンジ車として登場したものだ。アルミのボディーに銀座線カラーのオレンジの帯をまとい、1997…

つづきを見る

酉年の「トリ」にちなんだ鉄道旅行のすすめ

酉年の今年は、“トリ”にちなんだ鉄道の旅が流行しているという。 「もともと新幹線や特急には、スピードをイメージさせる鳥の名前が使われることが多いのです。鳥の名前の付いた列車にたくさん乗る“トリ三昧旅行”を楽しむマニアもいます」(鉄道ライター) 鳥にちなんだ列車名は現在、新幹線の『はやぶさ』(北海道・東北)、『つばさ』(…

つづきを見る

スピード勝負!JR「ドラゴンボールスタンプラリー」の攻略法

JR東日本が展開する『そうさ今こそ!DRAGON BALLスタンプラリー』がファンの垂涎の的になっているという。東京の山手線エリアを中心とした全65駅をコンプリートすると、7つのピンバッジ式のドラゴンボールが獲得できる。 JR東日本は一昨年から、冬の閑散期に大人向けのスタンプラリーを開催している。2015年と2016年…

つづきを見る

東京五輪へ向けて急激に変わりつつある東京の街並みと駅舎

2020年に開催される東京五輪とパラリンピックまで、残り約3年半。それに向けて徐々に東京の街が変わりつつある。そのなかでも目に見えて分かるのは、都心部の駅だろう。 今年4月には新宿駅南口に高速バスのターミナル『バスタ新宿』がオープン。渋谷駅でもJR埼京線と東京メトロ銀座線のホーム移設工事が進められている。さらに東京駅で…

つづきを見る

全国各地で走るクリスマス仕様の特別SL列車たち

この冬も全国各地で“冬のSL”が運行される。日本のSLは現在、JR北海道からJR九州まで10路線で定期運行を行っているが、クリスマスシーズンにはデコレーションなどを施した特別運転が行われる。 静岡県の大井川鐡道(新金谷―千頭)では、12月23~25日に『きかんしゃトーマス号』、『きかんしゃジェームス号』を運転する。2両…

つづきを見る

SL車内で地元名物が楽しめる「おでん列車」が運行

大井川鐡道(静岡県島田市)は来年1~3月の期間に15日間、同社の冬の名物列車である『おでん電車』を運行する。お座敷客車を参加者で貸し切り、SL車内でおでんが食べられるという貴重な体験ができる。 おでん列車の行程は、まず金谷駅(11時24分発)から普通電車でSL列車の待つ新金谷駅へ移動。新金谷駅(11時52分発)でSL列…

つづきを見る

小池百合子都知事が選挙時に掲げた「満員電車ゼロ」の公約はどうなった?

通勤ラッシュの詰め込み電車車両を改善しようと、“満員電車ゼロ”を公約に掲げた小池百合子都知事に、早くも暗雲が漂い始めている。 定員倍増の総2階建て車両を導入することで、混雑を解消しようという施策には、「車両の戸口が1階だけだと乗降に時間がかかって意味がない」といった指摘が以前からあった。また、「ホームも2層にするなどの…

つづきを見る