SMAP

Print

「SMAP」造反組中国進出?元マネジャーI氏上海でマンション物色か

『週刊文春』(1月19日発売号)が「SMAPの元チーフマネジャーのI氏が昨年12月21日、ラオックスの関係者が立ち上げていた新会社の代表取締役に就任」と報じた。 ラオックスは国内最大規模の総合免税店。同社の社長が中国企業や政府にパイプがあることや、登記簿の情報として『日本コンテンツの海外発信事業』『映画製作』などが記載…

つづきを見る

ジャニー喜多川社長の発言は「ある不名誉」への予防線

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が、「今後、中居正広、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の4名が独立するかどうかは、それぞれの気持ちに任せます」と語った。これは「出ていくな」と言っているようなもので、プレッシャーを与えたにすぎない。 「暗にこうしたアクションが続くと、SMAPファンの反感を買うことになるでしょう」(芸能ジャ…

つづきを見る

ジャニー喜多川社長の「誰も出て行かない」発言は問題がある証拠

中居正広をはじめ元『SMAP』のメンバーが、1月13日にジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長と一堂に会したとされている。その内容について、一部スポーツ紙がジャニー社長を取材したところ、「みんな、それぞれの気持ちがある」と本人たちの意思を尊重していることを明らかにした。さらに、「みんな出て行くことを前提に話はしていないと…

つづきを見る

Print

SMAPファンたちが忘れられない1月18日に計画していること

1月18日は『SMAP』ファンにとって忘れられない日だ。昨年に、ジャニーズ事務所からの独立に関する騒動を起こし、生放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で“公開処刑”のような謝罪会見を行った日なのだ。 それから1年が経つ屈辱のメモリアルデーに、「その日を洗い流せ!」とばかりに、SMAP関連の場所を巡ることが、ファ…

つづきを見る

木村拓哉が新ドラマにどうしても「菜々緒を起用したかった」理由

『SMAP』解散後に木村拓哉の初仕事となる、1月15日放送開始の連続ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)は、さまざまな意味で芸能界からも注目を集めている。 このドラマは、TBSが近年にないほど予算をかけている大作で、主演女優の竹内結子を筆頭に、浅野忠信や松山ケンイチ、及川光博、菜々緒ら、そうそうたる“主役級”…

つづきを見る

木村拓哉がSMAP解散後最初のラジオで漏らした「不安」

昨年末に解散をした元『SMAP』の木村拓哉(44)が、1月6日にパーソナリティーを務めるラジオ番組『木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!』(TOKYO FM)に出演した。その際に、SMAPの肩書きがなくなったことについて「実感が湧かないところもある」と語った。 番組中に「2016年から2017年になって、事実上、僕…

つづきを見る

Print

SMAPの未来を不気味なほど予見していた「過去の名ドラマ」

昨年の大みそかで解散した『SMAP』のファンたちは、いまも彼らの映像や楽曲を涙ながらに回顧しつつ惜しんでいる。そういう過去の作品のなかに、“SMAPの未来を予見していた”というドラマがある。1999年に放送され、昨年の12月17日にも再放映されていた『古畑任三郎 vs SMAP』(フジテレビ系)だ。 同ドラマでは、SM…

つづきを見る

いままでにない設定で始まる木村拓哉の新ドラマ

元『SMAP』の木村拓哉(44)が、テレビの新ドラマで医療を題材にしたものに挑戦している。1月15日から放送が始まる『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)がそれだ。 木村が演じる主人公の沖田一光は、東京にある大病院の壇上記念病院院長の手術を任されることになる。沖田はもともと同病院の勤務医で、10年前に勤めていたが、同…

つづきを見る

中居正広が4月以降の番組の待遇を巡りジャニーズと折衝を開始

元『SMAP』の中居正広が、4月以降も続く自分の出演番組には、自分の意志を反映するという。中居は今年9月までジャニーズ事務所との契約が残っているとされている。 「3月末の番組改編期を乗り越える番組には、出演料の値上げを要求するでしょう。すでに決まった契約の上で、番組が制作されているため、値上げ交渉が通る可能性は低いです…

つづきを見る