MLB

チケットは価格割れ…アメリカでWBCの不人気ぶりがあらわに

日本では第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への期待が日に日に高まっているが、準決勝と決勝戦の舞台となるアメリカでは、ほとんど興味を持たれていないようだ。 「日本ではWBCへ参加する日本代表『侍ジャパン』に対し、世界一の奪還への期待があります。しかし、アメリカではまるで“暗黙の了解”でもあるかのように、W…

つづきを見る

イチローと羽生結弦という二人の天才に共通すること

フィギュアスケートの羽生結弦(22)が、MLBのマイアミ・マーリンズに所属するイチロー(43)のようになっていると評判だ。 イチローはMLB1年目(当時シアトル・マリナーズ)で首位打者、盗塁王などになり、新人王と年間MVPを同時獲得した。すでにMLBだけで3000安打を達成し、日米通算では4300安打を超えている。 「…

つづきを見る

所属チームは前向き…イチローがWBC侍ジャパンに招集される可能性

2017年3月に開催される『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』を戦う野球日本代表『侍ジャパン』に、イチロー(43=マイアミ・マーリンズ)が合流する可能性が出てきた。 オフシーズンの恒例行事であるウインターミーティングに参加したマーリンズのマイケル・ヒル編成本部長は、「彼がWBCへ行きたいならサポートする」と…

つづきを見る

大谷翔平は2~3年のうちにポスティング移籍でMLB移籍

アメリカの野球専門誌『ベースボールアメリカ』で、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が大きく取り上げられている。 この時期のアメリカの野球の話題は、MLBのサイヤング賞やシーズンMVPを予想する記事が多くなるのだが、《日本のプロ野球でとても魅力的なことが起こった》とし、大谷が日本最速かつ自己最速を更新する球速1…

つづきを見る

イチローがWBC侍ジャパン代表になる可能性

野球日本代表『侍ジャパン』の小久保裕紀代表監督(44)は『第4回ワールド・ベースボール・クラシック』(WBC)で王座を奪還するための切り札として、日本人MLB選手の招集を示唆している。 8月中に自ら渡米し、イチローを始め、ダルビッシュ有、田中将大らに直談判すると話していた。だが、過去の大会において、MLB球団のオーナー…

つづきを見る

MLB通算3000安打秒読みでも氷解しないイチローの「親子断絶」

吉見健明の「ダッグアウト取材メモ」 MLB通算3000安打へいよいよカウントダウンに入ったフロリダ・マーリンズのイチロー(42)。 ピート・ローズを超える日米通算4257安打を達成したときと同様に祝福ムードが漂うが、プライベートに目を向けると、イチローの悩みは解決していない。

つづきを見る

SONY DSC

プロ野球くじ頓挫で「大リーグtoto」誕生か?

「“プロ野球くじ”の売り上げを、東京五輪のメーンスタジアムとなる国立競技場の建設資金に充てるはずでした。事実関係がまだ不透明なので、いまから国会で審議したところで国民の理解は得られないでしょう」(国会議員秘書) 日本スポーツ界で2015年最大の誤算が、プロ野球くじの頓挫だ。 超党派のスポーツ議員連盟が検討を進め、実施は…

つづきを見る

まったく中身のなかった「松井秀喜特番」で分かったこと

松井秀喜(41)は一体何を考えているのか。 現在、松井はニューヨーク・ヤンキースのGM特別アドバイザーという職に就いている。3A、2A、1Aなどヤンキース傘下のマイナー球団を巡回視察し、主に打撃指導を行うが、選手起用などにはタッチしない。 「正規の職員ではありません。正式にフロント入りしたものではなく、1年契約の外部ア…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】野茂、松井… メジャー挑戦で負う「十字架」

12月4日、広島東洋カープの前田健太投手(27)のポスティング制度による大リーグ挑戦が容認された。 すでにダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)、田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)が海を渡ったように、いずれは日本ハムの大谷翔平投手(21)も憧れの舞台であるメジャーへ移籍する流れはできている。 表面的に日本球界とメジ…

つづきを見る