最新記事一覧

渡辺麻友がAKB卒業を掛けて挑む「超過激な役」のドラマ主演

『AKB48』の渡辺麻友が、4月から放送が始まるテレビ朝日系の日曜深夜0時40分放送の連続ドラマ(タイトル未定)で主演を務める。そして、そのドラマでは、男性の局部を切り取る役に挑戦するというから驚きだ。 「渡辺が演じるのは清楚なOLの役です。理想の結婚相手を探し続けているのですが、出会うのは酒乱、DV男、妻帯者といった…

つづきを見る

WBC4連勝の侍ジャパンを阻む「超意外な伏兵」

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で1次ラウンドを1位で通過した野球日本代表『侍ジャパン』は、2次ラウンド初戦のオランダ戦も勝利した。4時間46分の接戦で“根負け”しなかったのは大きいだろう。2週間ほど前は壮行試合と練習試合で負け越し、“史上最弱”とも揶揄されていたが、このオランダ戦の勝利後には、アメ…

つづきを見る

WBC今大会最高の熱戦を制した侍ジャパンの勝因とは

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドが始まり、プールBからプールEへ勝ち進んだ野球日本代表『侍ジャパン』は、3月12日にオランダと対戦し、6対8で勝利を収めた。 試合は十一回までの延長戦になり、午後7時8分に始まった試合は4時間46分にも及んだ。試合が終わったのは日付が変わる寸前だった。 …

つづきを見る

「不動産=資産」という持ち家信仰はもはや誤り

“夢のマイホーム”、“人生最大の買い物”――。これらの言葉は、日本人に染み付いた不動産信仰を端的に表している表現だが、あくまでも業界側から発せられたキャッチコピーにすぎない。 一戸建ての購入を考える30代は働き盛りで元気だ。しかし、子供が独立してからは夫婦ふたりでの暮らしになるとか、体が動かなくなって掃除や炊事もままな…

つづきを見る

鉄道ファンにとって出会いと別れの「春のダイヤ改正」

鉄道ファンの悲喜こもごもがクローズアップされる春のダイヤ改正。今年は2015年の北陸新幹線、2016年の北海道新幹線のような劇的なニュース性はないものの、全国的には“車両の世代交代”が目玉のひとつとなっているようだ。 JR東日本は3月18日、上野駅17番線ホームで烏山線用の『ACCUM(アキュム)』こと、EV-E301…

つづきを見る

M-1歴代王者の賞金1000万円の使い道

昨年12月の漫才コンテスト『M-1グランプリ2016』の王者に輝いた『銀シャリ』が、大阪府のなんばグランド花月で行われたABCテレビの特別番組『M-1グランプリ2016リターンズ』の公開収録に出演し、賞金1000万円を贈呈された。 橋本直と鰻和弘に500万円ずつ渡されるはずだったが、鰻は新婚旅行で会社から380万円、笑…

つづきを見る

春香クリスティーンに見つかったピッタリのテレビ番組とは?

“政治オタク”で知られ、情報番組のコメンテーターなどで活躍しているハーフタレントの春香クリスティーンの活動が、いよいよ怪しくなってきた。 「自ら政治好きを公言し、実際詳しいことは確か。ただヨーロッパの人間が政治に関心が高く、日本人は関心が低いみたいなことをよく言う。でも、それは違う。ヨーロッパでも国政選挙というと日本と…

つづきを見る

安倍昭恵夫人の世代は「お騒がせ人物」だらけという都市伝説

大阪市の学校法人『森友学園』の小学校建設計画の問題は、連日にわたってニュースを騒がせている。 安倍晋三首相、そして名誉校長就任が取り沙汰された昭恵夫人が問題の渦中に巻き込まれているが、その昭恵夫人にはある都市伝説が囁かれている。それは昭恵夫人が“最悪の世代”であるというものだ。 最悪の世代といえば、人気漫画『ONE P…

つづきを見る

芸能界で「引退」が相次いだ理由とは

昨年から芸能界で俳優の引退が続いている。昨年12月の薬物疑惑をきっかけに引退した成宮寛貴を皮切りに、今年に入って江角マキコ、清水富美加、堀北真希が相次いで引退を発表した。 「これだけ人気の俳優たちがが立て続けに引退することは過去にもありませんでした。いま、芸能界は時代の変わり目にあるのかもしれません」(夕刊紙記者) こ…

つづきを見る

気分はもう戦争…受験戦士のコクピット!

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル10【システム学習デスク】~ 合格発表の季節。テレビで合格者の番号が貼り出された掲示板の前の様子が報道されるのを見るたび、深夜放送を聞きながら眠い目をこすり受験勉強をした日々を思い出します。 いまでは学歴信仰もだいぶ崩れてきましたが、高度経済成長期には“受験戦争”という言葉も誕生…

つづきを見る